FC2ブログ
2018 09 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2018 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

狂犬病に脅えながら。。。

とっくにまだ、かわいらしさがあふれていた幼稚園時代、

通学路に、それはそれは凶暴で大きな野犬が群れていました

いつも固唾をのみ、息をひそめ、気付かれないよう

こっそりこっそり通っていました。

「この坂道を越せば、お母さんが待ってる!!」

そう自分に言い聞かせながら・・・。

ある日、野犬はパッタリと姿を見せなくなりました。

きっと保健所に連れて行かれたのでしょう。



― あれから22年…。


インドには、野犬がそこいらじゅうをうろちょろしています。

ほんとどこにでもいて、暑さにだれて腹丸出しで昼寝しています。

これまでも一応警戒はしていたけど、

あまりに数が多すぎて、

いわば空気のような存在だったんです。


現地の人は、犬が危険ということをよく知っているので、

基本的に、犬が近づくと、石を投げたり、

酷い時は身がえぐれるほど棒でたたきまわしたりして、

人間に近付かないように身体で覚え込ませている様子。


が、近頃.

時々ですが…

犬に目をつけられるようになりました。

ただ、普通に歩いているだけなのに、です。

「こいつならチョロイぜ!!」

と言わんばかりに、

吠えながら、だんだん近づいてきます。

誰がどうみても、ターゲットはあたし。

インド人はそれ見て無邪気に笑ってますが、

まじ、笑いごとじゃねーーーしっっ(-“-)!!!

大抵、通りすがりの現地民が追い払ってくれるけど、

もし、一人で歩いているときにこの状況になったらと思うと・・・

すえ恐ろしや。

狂犬病。

この3文字が頭をよぎります。

発症すると、ほぼ100%死に至る恐ろしい病気です。


万一かまれたり、ひっかかれた場合には、

即座に曝露注射を打つ必要があり、

これが、一度で終わらない上、めっちゃ高い!!


基本的に、動物好きです。


しかも、動物とこどもには

好かれる方だと思っていたので、

結構ショックが大きいです。

スリや強盗に遭わないためには、

なるべく現地人に溶け込む、地味な格好を・・

とはよく聞くけど、

誰か犬に目をつけられない方法
を教えてください。


 

 

ブログランキングに参加しています☆


とっくの世界一周ぶろぐ☆興味のある方は

↓↓クリック!!!


もひとつおまけに↓↓クリック

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
.11 2010 インド comment4 trackback0

comment

ひとみいご
★犬を怖いと思った時に噛まれないようにするには4つの大切な約束があります。
1. 黙る。
2. 手に持っている物を地面に落とす。
3.「気をつけ!」の姿勢で動かない。
4. 犬から目をそらす。

■もし、周りに誰もいなくて、知らない犬が自分の方に近づいてきたら。

1. 黙って
2. 手に持っている物を地面に落とし
3. 手を下ろして「気をつけ!」の姿勢で
4. 犬とは反対の方向を見つめます。

■知らない犬が襲いかかってきたら

両手で首の後ろをしっかり抱えこんで
小包のように地面にうずくまります。

犬が襲ってくるときは、顔や首をめがけてやってきます。犬は獲物の首にかぶりついて猟をするからです。もし、大きな犬に顔や首を噛まれたら、死んでしまうこともあります。しかし、こうして地面にうずくまっていれば怪我をしても、命だけは守ることができます。

引用先★犬にかまれないようにする方法
http://www.talkingtails.com/preventabitej.html

■犬にかまれない10の方法

犬が追いかけてきたら、順番に次の方法をにお試し下さい。

1.走らない
  追いかけてきても絶対に走らない。止まれば、犬も走るのをやめ、興奮も収まります。と言っても、これはとても勇気のいることですが。

2.叫ばない
  犬をさらに興奮させ、ガブリとかみつく引き金になるので厳禁です。

3.気をつけの姿勢でじっと動かない
  とにかく立ち止まり、静かにして刺激しない。

4.目をあわさない
  但し、犬の動きを見るため全体として捉えること。

5.優しく、はっきりした口調で話しかける
  「大丈夫だよ」「いい子だね」などなど。
  
6.「おすわり」など命令してみる
  多少なりとも訓練を受けていれば、命令に反応することがあります。はっきり、低めの強い声で。実際私はこれで助かったことがあります。
 
7.かばんや雑誌、木の枝、ゴミ袋、上着など何でもくわえさせる
  本当に噛みつこうとしているようであれば、とにかく何かをかませる。

8.後ろずさりでゆっくり逃げる
  テリトリーに侵入しているのかもしれません。この時も絶対に走らないこと。

9.塀、電信柱、木、車など高い所に登るか、狭い所へ隠れる
  獲物が去ればあきらめます。  

10.それでも襲ってきたら、両腕で耳と首を覆い、膝を抱え丸くなり動かないこと
  
  最後の方法は本当に怖いですが、立ち向かうよりはケガが少ないとのこと。
  犬は肉を食べるために噛むわけではないので、相手が屈したと思えば、去っていきます。急所を狙ってくるので、必ずガードすること。
  
すべての犬が噛もうと思っているわけではないので、犬の顔の表情をはじめ
耳や尻尾の様子を見ながら、状況に応じ、落ち着いて順番に対応して下さい。

犬にかまれない10の方法
http://blog.goo.ne.jp/frauyamada/e/dbbf24fe2705cc212522430e7b8690a9

引用おわり

犬闘・・いや、健闘を祈る!!!
(おっと、この状況じゃ シャレにもなんない)
2010.08.12 14:34
ぷよ
野犬、怖いですね
日本で野良犬に噛まれるのとは訳が違いますもんね
とっくさんの体が一番大切なので、気をつけてくださいね

あと、遺跡とか本当にすごいですねブログUPするの楽しみにしてます
2010.08.12 23:12
とっく
ぷよちゃん

何の前触れもなくいきなり吠えるから、まじ怖い(笑)

遺跡とか、景色とか、全然カメラに収めきれないよ。

本物は、もっともっと壮大で、
遺跡は時を感じるし、においだってあるし、
こんなもんじゃないんだよ。
あたしの語彙力と、写真程度では、全然世界を伝えきれないよ(;;)
2010.08.14 19:00
とっく
ひとみいご

めっちゃ丁寧にありがとう!!!
泣いても笑っても、インド滞在もあと少し☆
努力してみるわ!!
2010.08.14 19:02

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tokkutan.blog48.fc2.com/tb.php/69-cb3c5e26

プロフィール

とっく

Author:とっく
28歳の誕生日は、シリアとトルコの国境越え真っ最中。
31時間かけて、黙々と移動してました。

出発から早9カ月。
日本に帰る日がくるのが怖いくらい、
すっかり旅の日常に慣れてきた。
帰国の時が、
確実に、刻一刻と近づいています。

だけどまだ、全然足りない。

ほんの何週しか経ってない気分。
時が経つのはあまりに早すぎます。

振り返れば色々なことがありました。
そして初めて、時の長さを実感します。

思った以上に世界は広すぎます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

お役立ち海外情報サイト

海外旅行取扱いサイト

海外オプショナルツアー満載

大手旅行会社サイト

旅行業界トップクラスを誇るJTB

海外ホテル取扱いサイト

海外でお得にホテルを探すなら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。