FC2ブログ
2018 09 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2018 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

巨大な岩とご対面

ハイダラバードを17:30に出たバスは、

P7311255.jpg

一路ホスペットへと向かいます。

ホスペットは、世界遺産が点在する「ハンピ村」へ行くための通過地点、

ハンピは、ホスペットから更にバスで30分ほどのところにあるのです。

ただ、今回使ったバス、到着予定時間が午前3:00・・・。

かなりの不安があったものの、

予想通り遅れてくれて、着いたのは4:00でした。


さて、いち早くあたしを見つけたリキシャのドライバーが、

バスの中まですっ飛んできました。

「ハンピに行くのか?!リキシャ使え!!

バスは7:00からしか走らないし、満席だ!!」

さすがにこんな時間に女一人でリキシャに乗る勇気はないので、

「乗らないよー。危ないから夜明けを待って、バス使うー。
 
自分で見て、満席だったら考える。」

そう言って安全そうなチェックカウンターらしきデスクの前に腰を降ろし、

昨日買ったクラッカーを食べつつ、

バスステーションで夜明けを待つことにしたのです。


…が、5:00過ぎに、スペイン人カップルが到着。

このままリキシャでハンピに向かうと言うので、

結局相乗りさせてもらいました。


ただ気になることがありました。


ここんとこ移動づくしでお風呂に入っていなかったもので、

爽やかな朝の風にまぎれて、

あたしの体臭が飛んでいっちゃいないかと、

隣のスペイン美女が、こっそり息止めちゃいないかと、

非常に そわそわドキドキはらはら してました。



そんな心配をよそに、

リキシャは林の中を走り抜け、

道が開けたかと思ったら、

そこら中にころがる


巨大な岩・岩・岩・・・遺跡・・

P8021332.jpg


岩・岩・遺跡・岩・岩・岩・岩・・・。

P8011302.jpg


おおっっ!!ここが、うわさのハンピかぁ・・・!!

そこには男らしい絶景が広がっていました。

さて、ハンピは坂道が多いですが、安さ重視なあたしは、

レンタサイクルで周辺の観光に出かけることにしました。


第一関門。

目の前にある坂道で、

自分の体力に限界を感じました・・・。

めちゃめちゃ息が上がり、自転車乗り捨てようかと思いました。


少し休憩してからまた走りだし、

第二関門の、若干キツメの坂道(やや立ちこぎ)を抜けると、

後は楽勝ぷっぷーーでした。


結果、チャリでも十分回れます。

P8011307.jpg

自分の体力と要相談ってとこです。


ここは王妃のお風呂。

P8011291.jpg

打たせ湯に浸かる王妃様が想像できます。


かつての王の聴衆広間は、
P8011294.jpg


今や牛さんのレストランになっていました。
P8011296.jpg


有料の割に、あんま大したことない(失礼!!)ザナーナー・エンクロジャーの一部。
P8021330.jpg

これ,えらい立派な建物ですが、どうやら象小屋らしいです。

ここと同日有効の共通チケットを発行している、

ヴィッタラ寺院、ここは、マジすげえ。


道なき道を、川沿いにてくてく歩くと、
P8021328.jpg

ハンピバザールから2~3キロほどで辿り着きます。

是非、歩いていってほしいです。


リキシャで通行可能な道を通る人が多いからか、

そもそも観光客が少ないからか、

途中の道には、観光客らしき人がいなかったので、

かなり慎重になり、途中で引き返そうかと思ったくらい。

所々で現地人が教えてくれたおかげで、

なんとか行きついたようなもんです。


ココ見るだけでも、ハンピに来た価値あり。
P8021316.jpg

というのが、めっちゃ彫刻がきれいなの!!

珍しい、戦車のかたちのやつも面白いけど、
P8021319.jpg


建物の彫刻が、それぞれ鮮明に残ってるのに興奮して

思わず踊りだしそうになります。
P8021321.jpg


8月初頭の時期的なもんかもしれませんが、

他の土地に比べて、ハンピは涼しくて過ごしやすい。

ただ、夜と朝方はかなり冷え込んで、

ホットシャワーがないと、ちょっとキツイです。

夜明け前のホスペットのバスステーションには

セーター着てるおじさんもいました・・・。
(↑でもこれはいきすぎ)

食事は高いし、屋台のチャイはポットだし、

宿とレストランとツアー会社ばかりのハンピバザール周辺には、

ちょっぴり残念な気がしなくもないですが☆☆


でっかいでっかい岩に囲まれ、

岩でできた山を見上げて、

P8011289.jpg


まるで蟻だかミジンコにでもなったような気分を、
ぜひ、味わってもらいたいものです。


 

 

ブログランキングに参加しています☆


とっくの世界一周ぶろぐ☆興味のある方は

↓↓クリック!!!


もひとつおまけに↓↓クリック

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
.07 2010 インド comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tokkutan.blog48.fc2.com/tb.php/68-55e55f04

プロフィール

とっく

Author:とっく
28歳の誕生日は、シリアとトルコの国境越え真っ最中。
31時間かけて、黙々と移動してました。

出発から早9カ月。
日本に帰る日がくるのが怖いくらい、
すっかり旅の日常に慣れてきた。
帰国の時が、
確実に、刻一刻と近づいています。

だけどまだ、全然足りない。

ほんの何週しか経ってない気分。
時が経つのはあまりに早すぎます。

振り返れば色々なことがありました。
そして初めて、時の長さを実感します。

思った以上に世界は広すぎます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

お役立ち海外情報サイト

海外旅行取扱いサイト

海外オプショナルツアー満載

大手旅行会社サイト

旅行業界トップクラスを誇るJTB

海外ホテル取扱いサイト

海外でお得にホテルを探すなら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。