FC2ブログ
2018 10 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2018 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

バーダーミで、ものおもふ・・・

ハンピへのゲートシティー、ホスペットから
ここにくるまで、
直通バスも1日1便あるらしい(インド人情報。定かではない)けど、
今回乗ったバスは、一度イルカールというトコで乗換え。

イルカールは久々にインドらしく、
大人も子どももガン見してきます。
いつのまにか、周りには人垣ができているという大惨事☆☆
おそらく、バスの乗り継ぎで立ち寄る程度なので、
外国人に慣れてない。
鼻ぺちゃで、凹凸のないどう見てもアジアンなこの顔で

P7191084.jpg


『アメリカ人(´∀`)??』

と、尋ねられたのは初めてです 笑


ローカルバスに揺られること5時間。


そんな村を越え、バーダーミへやってきました。

P8061432.jpg


P8051401.jpg


P8051403.jpg

P8061427.jpg

辺りには、イノ豚(?)ファミリーがうろちょろしてます。

P8051412.jpg


ここで出会ったバクシーシーを要求してくる人々は、
明らかに今までと違う。

破れたボロボロの服を着ているわけでもなく、
身体が不自由なわけでも、
ガリガリにやせ細ったわけでもなく、

どう見ても健康体にしかみえなくて、
へたすればあたしよりも肉付きがいい。

むしろ、身体の不自由な人や、
ガリガリの人が要求するとこは、
ここでは一度も見てない。

なぜ?


ここは、近くに学校があるため、
よく制服を着た子どもたちに遭遇します。

P8051407.jpg



学校のある道を歩いていると、
子どもたちがついてきて、
「名前は?どっからきたの?」
と尋ねます。
そして、最後に笑顔で「1ルピー」と手を差し伸べる。

なぜ??

なにかがおかしい。

『このお金は働いて働いて、毎日働いて手に入れたもの。
ただ手を出すだけでお金を簡単に手に入れることはできないんだよ。』

身ぶり手ぶりと単語を並べて説明すると、
子どもたちはうなずき、
「じゃあ、ペンかノートかチョコレート(´∀`)w」

おいっっ!!!(`Д´+)
だれがこんな教育したんだよ?!!

注意:もちろん、すべての少年少女がこうではありません。
単純に、ただ話してみたいだけとか写真に写りたいだけの子も
たくさんいます。

ホテルに戻って気付きましたが、
『サルに食べ物を与えないで』的に、
『子どもたちにものを与えないで』の注意書きがありました。



近くに世界遺産の寺院がある町、
パッタダカルやマイソールがあるから、
観光客ズレしてしまってんのかしら?
日本が援助をして建てられた学校なのかしら?


人は、見て、聞いて、覚え、学ぶもの。

何がこうさせたって、
それは、ひょっとしたら、
私たち観光客なのかもしれないなぁ...


 

 

ブログランキングに参加しています☆


とっくの世界一周ぶろぐ☆興味のある方は

↓↓クリック!!!


もひとつおまけに↓↓クリック

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
.10 2010 インド comment4 trackback0

comment

ともか
世の中にはいろんな人がいるんだねえ…
文化も環境も違う国だから当たり前なんだろうけど。
2010.08.10 22:20
よっくたん
トルコでは、靴磨きの子供たちにお金払ったりしたら捕まるとか…。。

インドの子供たちに教育してやらんね!!笑

2010.08.12 02:23
とっく
よったん

まじだよ!!
そして、大人もね・・・(笑)
でもね、インド人、いい人多いんだよ。
2010.08.14 19:04
とっく
ともか

いろんな人がいて、
いろんな食べ物があって、
いろんな虫がいるよ・・・(笑)
2010.08.14 19:05

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tokkutan.blog48.fc2.com/tb.php/66-687f4c6f

プロフィール

とっく

Author:とっく
28歳の誕生日は、シリアとトルコの国境越え真っ最中。
31時間かけて、黙々と移動してました。

出発から早9カ月。
日本に帰る日がくるのが怖いくらい、
すっかり旅の日常に慣れてきた。
帰国の時が、
確実に、刻一刻と近づいています。

だけどまだ、全然足りない。

ほんの何週しか経ってない気分。
時が経つのはあまりに早すぎます。

振り返れば色々なことがありました。
そして初めて、時の長さを実感します。

思った以上に世界は広すぎます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

お役立ち海外情報サイト

海外旅行取扱いサイト

海外オプショナルツアー満載

大手旅行会社サイト

旅行業界トップクラスを誇るJTB

海外ホテル取扱いサイト

海外でお得にホテルを探すなら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。