FC2ブログ
2018 11 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2019 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

愛と死をみつめて☆

ここにくるまで、

インド=タージマハル

だったわけですよ。

タージマハルを一目見たいと思いつつ、
ここを目指したといっても過言ではない。


そして、実際タージマハルを目の前にして・・・


こう思いました。

P7070647.jpg



「ん?こんなもん?」と。

タージマハルファンの貴方を否定するつもりは、
微塵もありません。

ただ、あたしは、あんま、それほど
てか、全然?

感動しなかったんだよなぁ。

タージマハルは写真や映像で見た方が、
断然きれいな気がした。


ここが、愛する王妃の為に莫大な資金を使って
建てられたお墓だというのは、言わずと知れた有名な話。


そうなんです。

まさに、お墓なの。

まぁ、当然っちゃー当然なんだけど。

大理石で作られてて、中は土足厳禁で
チケット売り場で貰った靴カバーみたいのを履く。

P7070672.jpg


彫刻とかももちろん綺麗なんだけど、

角度によっては、陽に当たると、
キラキラ輝いて見えたりもするんだけど・・・。

やっぱりここは、お墓だなぁという雰囲気を感じる。
(※霊感はありません。)



タージの近くの、アーグラ城の方が見ごたえありました。



P7070687.jpg


お城とか、宮殿とか、モスクとか、

P7050518.jpg


P7040480.jpg


明るい雰囲気の建物や、

彫刻が施された建築物とか、

あたしは、そんなんの方が好きだなぁ。





余談ですが、タージ付近のリキシャは要注意。

かなーーーーりしつこいです

公園の中を通れば、アーグラ城までショートカット出来ます。

リスやクジャクも通りかかり、

P7070722.jpg

楽しい時間が過ごせます。

・・・が、非常に暑いです。


この道は、地図にものってたんだけど、
キーホルダー売りの少年が教えてくれました。
しかも、タージマハルキーホルダーくれた!!


しかし、この少年・・・
他でもない

『キスして!!僕のナニをみて!!』BOY


少年といえども油断禁物!!

親切な人には要注意です☆☆

 

 

ブログランキングに参加しています☆


とっくの世界一周ぶろぐ☆興味のある方は

↓↓クリック!!!


もひとつおまけに↓↓クリック

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
.27 2010 インド comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tokkutan.blog48.fc2.com/tb.php/56-4039fe36

プロフィール

とっく

Author:とっく
28歳の誕生日は、シリアとトルコの国境越え真っ最中。
31時間かけて、黙々と移動してました。

出発から早9カ月。
日本に帰る日がくるのが怖いくらい、
すっかり旅の日常に慣れてきた。
帰国の時が、
確実に、刻一刻と近づいています。

だけどまだ、全然足りない。

ほんの何週しか経ってない気分。
時が経つのはあまりに早すぎます。

振り返れば色々なことがありました。
そして初めて、時の長さを実感します。

思った以上に世界は広すぎます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

お役立ち海外情報サイト

海外旅行取扱いサイト

海外オプショナルツアー満載

大手旅行会社サイト

旅行業界トップクラスを誇るJTB

海外ホテル取扱いサイト

海外でお得にホテルを探すなら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。