FC2ブログ
2018 11 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2019 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

マダガスカルで常連になった際の嬉しいサービスについて

あは(・∀・)

早くもマダガスカル日記に帰ってきたぽ。



アンブシチャ。


とにかく、食べるとこには困らない。

夕方になると、何処からともなく良い香りがしてきて、

なんていうのかしら。


こー・・臭いに誘われるって言うの?(戌年ですから)

勝手に足が進んじゃって、

気がついたら手にゼブ牛串持ってて、

いつの間にかビール片手にホテルにいる、

そんな感じの街です。




ここは、ザフィマニリの村(木彫り細工は世界無形文化遺産なのれす。)

への拠点となる街。


とっくもこの村を目指したかったのだけど、

自分で何かの乗り物をチャーターする必要アリ。



でもさ、一人だからさ、高いんだってばよ。


更に、

「あー・・でもねぇ、最近は雨が良く降るから、
 
 今日行った組も、早めに帰ってきちゃったわよ。」

なんてアドバイスをもらい、

実際スコールの勢いは半端なくて、

結局時間もお金も足りねーや、と考えて、断念。



代わりにここを存分に楽しんでやるぜ!!的な。

そして、昨日行った食事処に、今日も足を運んでみました。



あわよくば、常連さんになってやろう的魂胆。


だって、おばさんもおじさんも、とっても親切なんだもの。

必死でフランス語を使おうとする毛ナゲーな日本人に、

これまた必死で応えてくれようとするんだな。


なんか、青春ドラマみたいでしょ。

泣けてくるね!!!(←?)



このレストランの名前は

「ホテル EZAKA」

ん?なんか改めて文字にすると日本くさい名前だな。



外にテント出してて、

1品いくらの設定で、

ヴュッフェみたいに色んな種類が並べられてて、

おばちゃんに、

コレコレコレクタサイ。 ゼンブデイクラカ?

と、いうと

「%*#%#」

と丁寧に返事が返ってきますww



お持ち帰りもできるし、

店内で食べることもできます。


例によって、店内はそりゃー汚いです。

そして、こちらのご家族、順番に店内でご飯食べてらっしゃいますww



さて、連日訪れる日本人の思惑通りに興味を示した店主は、

「まぁ、子どもたちもなついちゃってるし、

 よかったらちょっと寄って行きなはれ。」

まんまととっくの心理作戦にハマり

奥に招待してくれたもうた。



マダガスカルで、

何故か、子どもと一緒にDVD観賞の巻き。


むむむ。



さっぱり言葉の分からないあたしに、

一生懸命話しかけてくれます。


そして、ついには近所の常連客(通訳係に任命)まで招き入れた。


「フランス語じゃわからんよね?!

 ほら、日本語のやつあったじゃん!!?

 どこいったっけ?!あれ!!」


と、必死でDVDを探すパパ。


「すっげー。日本映画あるんや?!日本やるじゃん♪」

なんて思いながら、わくわくドキドキ



おじさん、満面の笑みで

「あったあった!!これだよー探してたやつ!!」

みたいなことをいいながら、

再生してくれた映画は、



韓国映画だった。


・・・チーン。

どのみち、わかんね。




「はははー、これ、日本人に似てるけど、韓国ですー。

 私は日本人なので、これは読めないやぁー。」


というと、おじさん慌てて

「あ!!そっかそっか!!これは韓国かぁ!!

 この人君に似てるから日本かと思っちゃった。てへ」


なんてことを言って、

もう一本のDVDを探しあてた。






画面の中では、



ジャッキーチェンが宙を舞っていた。





「あれー?・・・これ、わかんないなぁ。

 なんだか、中国語のような気がするなぁ。」


え?これでしょ!?これぞ日本語でしょ?えっへん」


「・・・・。」



もういいっす。

どーせ、日本なんて、こんなもんですよ・・泣




こんなに喜んでるのに、

ガッカリさせるのは気が引けて、

もう諦めて、ひたすら眺めた。




しかし、通訳係には一応言っておきました。

「これね、中国語。日本語じゃないからね!!」




せっかく常連の座を獲得したけど、(←?)


マダガスカルで唯一残る、

人間が乗れる路線を走る列車に乗り込むため(だけ)に、

明日は、フィアラナンツァにむかいまぷ。


列車だ列車だワッホーーーイ!!


優しい貴方のワンクリックで、とっくのブログランキングが上がります(´∀`)
↓↓『マダガスカルに魅力を感じてきた(気がする)』という方はクリック!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
もひとつおまけに↓↓クリック





スポンサーサイト
.30 2011 マダガスカル comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tokkutan.blog48.fc2.com/tb.php/172-48b579d0

プロフィール

とっく

Author:とっく
28歳の誕生日は、シリアとトルコの国境越え真っ最中。
31時間かけて、黙々と移動してました。

出発から早9カ月。
日本に帰る日がくるのが怖いくらい、
すっかり旅の日常に慣れてきた。
帰国の時が、
確実に、刻一刻と近づいています。

だけどまだ、全然足りない。

ほんの何週しか経ってない気分。
時が経つのはあまりに早すぎます。

振り返れば色々なことがありました。
そして初めて、時の長さを実感します。

思った以上に世界は広すぎます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

お役立ち海外情報サイト

海外旅行取扱いサイト

海外オプショナルツアー満載

大手旅行会社サイト

旅行業界トップクラスを誇るJTB

海外ホテル取扱いサイト

海外でお得にホテルを探すなら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。