FC2ブログ
2018 09 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2018 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

マダガスカルで、マタ助カル。・・ぷ

真夜中、ぐっすり寝ていたあたしは、たたき起こされた。

「おーーい。ついたぞ!!アンツィラベ!!」


「・・・は?」

慌てて腕時計を見ると、

メイド・イン・チャイナのプラスチック腕時計(千円)には

2:30という数字が表示されていた。

一気に眠気が飛んで行った。


「んなわけないわ!!

 売り場のおばちゃんに到着7:00ってきいたんですけどっっ?!
 
 何回も確認したんですけど?!!」




「いやー、でも、もうついちゃった。」


「ねぇ?この次どこいくの?!このまま乗って行く!!」


「あ、でもね、ここ、終点。」


「・・・(;;)」


冗談じゃねー。

ここは、行きにも乗り換えをした地点。

なので、このターミナルに来るのは二度目。


昼間でも、え?ここに住んでるの?

みたいな人が多くて、

トイレは隙間からぜったいのぞけるタイプだし、

なんかトイレの場所聞いただけですっげー笑われたし、

泡だて器売ってる人とかいて、

若干怖かったのに、


今は、まっくら。

静かすぎて不気味。


ひとっ子一人いやしねー。

でも、絶対どっかに寝てるはず。



こんなとこでポイっと降ろされて、

子犬のように震えてる異国人なんて、

どーぞ襲ってくださいな♪って言ってるようなもんやん!!!


と、心の中で叫びながら、ドライバーに訴える。


「ねぇ?どうすりゃいいの?

 この時間に開いてるホテルしってる?!
(てか、あいてるわけないじゃん…)

 7:00に着くって言われたんだもん

 予約なんかするわけねーじゃん!!

 あたしは今日アンブシチャ(次の村)に行きたいんだい!!!」


言葉も通じないけど、

どうやら相手もとっくの置かれた状況を把握した様子。

キャンキャン吠えるとっくをみかねて、


「とりあえず、乗っとけ」


そんなジェスチャーをしたドライバーは

タクシーブルースに再びエンジンをかけた。



「とりあえず、乗せている荷物を、もごもご・・・」


悪い人には見えなかったけど、

一応目を凝らし、どこに行くのか確認するとっく。


郵便局らしきところで車を止め、

積荷を降ろし始めました。


うむ。

タクシーブルース、ドライバー、

彼らは宅配やさんも兼任の様子。


ちょっと裏の顔みちゃった。ふふ。




しかし、そんなこと言ってる場合ではない。


この後のわが身の行方にかなりドキドキ。



そして。


運命の分かれ道、ターミナルに再び到着した。



降ろされるか?!


降ろされるか?!




最近めっきり膨らみ始めた身体を小さくして、

とっくは彼らの合図を待った。



「日が昇るまで、ここ(車内)に居ていいよ。」


密かに期待していた言葉が飛んできた。



本気でほっとした。

そして、神に感謝した。




陽が昇ると、わらわら人が集まってきて、

マラガシ語レッスンが繰り広げられた。


しかし、悲しいかな、

今となってはちっともおぼえていません。

ミソーットラ。






さて、夜も明けたし、時間があるからちょっと大聖堂を見てみよう♪

なんて思いついたがために道に迷ったとっく。

たまたま声をかけた人が

「今英語を勉強しているんだ!」

という勉強熱心なトフィさんでまじ、助かりました。
(この辺りからは覚え書きww)

しかも「フランス語話せないとキツイでしょう?」

といいつつ、

道案内がてら少しばかり観光に付き合ってくれた。



随分汚いラヌマファナ湖を見に行って、

温泉施設の外観だけ見学した。

お風呂を楽しむためと言うよりは、療養施設的存在らしい。




トフィさんが見つけてくれた、

ちょっと小道に入ったとこにあったごはんやさん、

豚足プレートがっつりごはんとサラダとスープとパパイヤジュース、

デザートにバナナ。

ジュースのおかわりオマケ付きで3800アリアリ(約155円)。

とってもおいしかった&ガソリン満タン。




この後、アンブシチャへ。


タクシーブルースから見えたけっこうでかめのホテルに突撃。

一番安い部屋はいっぱいでした。


でも、外は暗くなりかけで、

若干粘って同料金でトリプルの部屋に入室(22000アリアリ=約880円)。
(シャワートイレ・エアコン付)


なんか、ながーーい一日だった。




とかいいつつ。


ここ、屋台が多くてテンション上がる!!!


1本約5円の美味しい串(ゼブ牛の肉)を食べながら、

電子辞書ビール片手に、



ほんのり幸せな夜・・・


優しい貴方のワンクリックで、とっくのブログランキングが上がります(´∀`)
『マダガスカル行ってみた―いという方はクリック↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
もひとつおまけに↓↓クリック





スポンサーサイト
.24 2011 マダガスカル comment4 trackback0

comment

ぷよ
タクシーの運転手さん、優しい(*´д`*) でも、7時に着くはずが2時って… どんだけ~( ̄□ ̄)ノシ (古)w
2011.07.26 00:14
とっく
ぷよちゃん
遅れることはあっても、まさか早く着くと・・・はだよ。
でもさ、逆算したら、明らかにおかしいと思ったから何度も確認したのよ。
ホントに7時?7時なのね?
もっと早く着かない?と。
やられちまったな。まいったまいった☆
タクシーの運転手、マジ感謝なりv-218

2011.07.27 08:05
たいき
アリアリ(笑)
一万アリアリ札とかはあるんですか?
22,000アリアリとか大変な事になりそう・・・
2011.07.27 21:26
とっく
たいきくん

アリアリとか、もう、かわいすぎでしょ?!
あ、1万アリアリもアリます(・∀・)
百、二百、五百、千、二千、一万アリアリは全てお札アリアリ。

2011.07.28 08:37

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tokkutan.blog48.fc2.com/tb.php/170-f1cd74bc

プロフィール

とっく

Author:とっく
28歳の誕生日は、シリアとトルコの国境越え真っ最中。
31時間かけて、黙々と移動してました。

出発から早9カ月。
日本に帰る日がくるのが怖いくらい、
すっかり旅の日常に慣れてきた。
帰国の時が、
確実に、刻一刻と近づいています。

だけどまだ、全然足りない。

ほんの何週しか経ってない気分。
時が経つのはあまりに早すぎます。

振り返れば色々なことがありました。
そして初めて、時の長さを実感します。

思った以上に世界は広すぎます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

お役立ち海外情報サイト

海外旅行取扱いサイト

海外オプショナルツアー満載

大手旅行会社サイト

旅行業界トップクラスを誇るJTB

海外ホテル取扱いサイト

海外でお得にホテルを探すなら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。