FC2ブログ
2018 07 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2018 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

マダガスカル的☆変愛相談

暑い日が続きますが、皆様いががおすごしでせうか。

今日は、健康診断に行ってまいりました。

感染症など、ソノタ、モロモロ。

めんどくさす。





春でもないのに、この眠さはなんなんだ。


ひょ・・ひょっとして・・・!!??





ふ・・太り中?!(°Д°|||)
※太り始めると、眠くなるらしいよ(・∀・)




てなわけで。←?


時は2010年の12月上旬、ところマダガスカルに戻ります。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


午後、ピローグでちょっくら海を散歩しました。
※ピローグ=村の人の手作りの木舟。片側に浮きを付けて均衡を保っているのです



漕ぎ手の一人がさぼるので、
※2人いた。

私が代わりに漕ぎました。

まんまとマングローブの林に突っ込みました。


向かいの島に上陸して、

夕陽に向かって走って、



町に戻ったのはもうすっかり太陽が眠りかけた頃でした。





夜ものんびり~な、ムルンダヴァ。

また、スーと昨夜の社交場に行くことになりました。




とりあえず、ビールを頼み、

相変わらず一定の距離を保って、

ソファーに腰掛けた。


ぽけーーっと、

踊り狂う若者を眺めていた時、


コカ・コーラで酔ったらしいスーが、


同じく踊る若者たちを眺めながら、

ぼそっと呟いた。



「なんで、日本人はマラガシ人を嫌うんだ?」
※マダガスカル人

「は?!」

突拍子もないことを言いだしたスーに、

思わず目を丸くした。


「俺さ、日本人の彼女がいたんだ。」

「・・・・・へぇ。

 ・・・・・で?」

「すごく好きだったんだけど、彼女日本に帰っちゃった」

そりゃそうよね連絡は?」

「俺はしたけど、向こうからは来なかった。」

「へぇ?悪い女だったのね。」

「彼女は悪い女じゃない!!笑顔の可愛い、とても優しい子だったんだ。」

「でも、連絡来ないんでしょ?」

「・・・。

 日本人はマラガシ人が嫌いなんだ。」

「・・・(°Д°)」


「俺は日本人が好きだ。でも日本人は、色が黒いマラガシ人が嫌いなんだ。」


「は?なんでそうなるの?彼女がそう言った?」


「・・・・俺はマラガシ人の女は好きじゃない。」

「なんで?マラガシ人の女の子、小柄で笑顔が可愛くて、私はとても好きだけど。

 それに、恋愛にマラガシ人とか、日本人とかって関係ないと思う。」


「とっくが彼女の立場ならどうする?」

「さぁ?好きなら連絡するし、そうじゃなければしない。」


ビールでちょっぴり気分が良くなったあたしは続けた。


その彼女だと勘違いしていた子はさ、

 多分貴方の事遊びだったと思う。

 でも、マダガスカルと日本って遠いよ。

 ここが日本だとしたら、マダガスカルはこーーーんなとこにあるんだから。」


さらに私は続けた。


「貴方と彼女が上手くいかなかったのは、マラガシ人だからじゃない。

遊びだったから。 

 愛に人種は関係ないの。

 もし彼女がマラガシ人なら貴方は好きにならなかったの?

 そんなのおかしいじゃん。重要なのは人間性。 

 だから、日本人がマラガシ人を嫌いだと思うのは間違ってるし、

 あなたがマラガシの女は嫌いだというのも変。

 ただ、やっぱり言葉が通じないのは辛いよ。

 マラガシ人の貴方の事を見ている人は、ちゃんといるよ。

 女なんていーーっぱいいるんだから。

 もっと、周りを良く見たら?」

「お前、いいやつだな・・・。」

そういったスーの目は少し涙ぐんでいた。

彼は、本当に彼女の事が好きだったんだろうと思った。


あたしは横目でちらっとスーをみて、

残りのビールを飲み干した。




実は、ここにあるもうひとつの恋を知っていた。


ちょうど、彼女が手を振りながらこちらにやってきた。





幼馴染の女の子。


でも、スーは鈍ちんなので彼女の気持を知らない。


彼女はとても可愛い。

スーの発する一言で、分かりやすく浮いたり、沈んだり、怒ったり。


彼が仕事柄、私を気にかけてくれていたこともあり、

彼女は私の存在に、少し心配するそぶりを見せた。


「ははは、ないない!!

 あたしはただの旅行者。しかも、明日去る。

 あなたはスーの一番近くにいるんだから、自信持って


彼女は、スーの良いとこも悪いとこも、

全てを知っていて、ぜーんぶひっくるめてスーが好きなのだ。



私は席を立った。










恋愛の悩みってやつは世界共通、人類共通。

片思いもまた然り。


繋がりそうで繋がらない。

絡まりそうでほどけてしまう。

でも、ひょんなコトから結ばれて。




これだけの人種が溢れるこの世界で、

相思相愛が存在するって、

まじ奇跡だよなぁ・・・。





ちょいちょいチェックしてくれている貴方、

どうもありがとう

気長にお付き合いくださいませねm(_ _)m


優しい貴方のワンクリックで、とっくのブログランキングが上がります(´∀`)
『この二人、結ばれるといいねという方はクリック↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
もひとつおまけに↓↓クリック


スポンサーサイト
.23 2011 マダガスカル comment2 trackback0

comment

ぷよ
とっくさんの『相談室』は世界共通なんですねステキです・ スーさんの妙な誤解が溶けて良かった?・・
2011.07.26 00:16
とっく
ぷよちゃん
海外ドラマとかみてもさ、
男と女と恋愛(同性愛も含め)の悩みって根本的にはかわらん気がするよねぇ。

2011.07.27 08:14

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tokkutan.blog48.fc2.com/tb.php/169-381939b6

プロフィール

とっく

Author:とっく
28歳の誕生日は、シリアとトルコの国境越え真っ最中。
31時間かけて、黙々と移動してました。

出発から早9カ月。
日本に帰る日がくるのが怖いくらい、
すっかり旅の日常に慣れてきた。
帰国の時が、
確実に、刻一刻と近づいています。

だけどまだ、全然足りない。

ほんの何週しか経ってない気分。
時が経つのはあまりに早すぎます。

振り返れば色々なことがありました。
そして初めて、時の長さを実感します。

思った以上に世界は広すぎます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

お役立ち海外情報サイト

海外旅行取扱いサイト

海外オプショナルツアー満載

大手旅行会社サイト

旅行業界トップクラスを誇るJTB

海外ホテル取扱いサイト

海外でお得にホテルを探すなら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。