FC2ブログ
2018 07 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2018 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

物語のある博物館☆

バスはドーバー海峡を越え、


アムステルダムに到着。



昨日の肩&足の痛みを引きずったまま、

またやっちまった。

迷子(;;)

もういや。



ここ、どこ?

なんで、セントラルステーションから、

この道通ってここにくるわけ???



地図は読めないわけじゃなくて、

しかも、最近コンパス使うことを覚えたんだよ。



なのに、なぜ???


途中でおじさんに聞いて、なんとか軌道修正。



そして、歩き続けること2時間。

ホテルに到着。



後々、迷いこんだルートに納得いかず、調べたところ…

てっきりセントラルステーション発着だと思ってた長距離バス、

全然違う駅(アムステルダムアムステルステーション)でした。

セントラルステーションより、5キロほど南の駅。




ははーん。


真逆の方向に進んでしまったのに納得。


辿ったルートを確認したところ、

バックパック(正味16㎏+サブリュック6㎏弱)背負ったまま、

約5㎞を移動したことになります。


昨日の痛みを持ち越した上でのこの状況。



こりゃ肩痛も、ピークに達するわけですわ。





でも、ここは一泊しかしないのだ。


なので、ぼーっとする間もなく、また散歩。




目的はただ一つ。

公開されてるアンネの家へ。


平日だったから、それほど人も居ず、

近くに来てるはずなのに、

見つけられないまま周りを3周。



3周目で、ちょうどフリーウォークツアーの御一行とぶつかり、

無事到着。

思いのほか目立たない建物でした。

PB231441.jpg



とはいえ、

ここまで道に迷うと、

いいかげん自分にうんざり。





館内は写真撮影禁止。



所どころ、壁に日記が印字されてます。

これはアンネの日記から抜粋したもの。



入場券購入時に貰える各国語のフリーガイドパンフに

日記の訳とルートに沿った説明が載ってます。

日本語のものもあります。



関連したDVDで説明が行われ、

最初の部屋には日本語オーディオもありました。





アンネの父、オットーが任されていたジャム工場の天井に、

その秘密の部屋はありました。


強制収容所に収容されるまでの2年間、

アンネの家族が暮らした場所です。


家具は全て持ち去られていて、

所どころ修復もなされてますが、

写真と模型とを照らし合わせ、

実際の様子を思い浮かべるのはたやすいです。



本棚の裏の隠し通路から、

急な階段は屋根裏部屋へと続きます。


日中、水を流すわけにはいかないといえ、

キッチンもトイレもある、

意外にも、しっかりとした隠れ家です。




いざ、アンネの部屋に足を踏み込むと、

ものすごい勢いで鳥肌が立ちました。





普通の、


ごく普通の、女の子の部屋。



ただ、ユダヤ人であるというだけの。



部屋に貼られたポスターや、ポストカード。


それは何より、

アンネがいかに普通の少女であったかということを

物語っていました。






公開部屋の後には、

あの人間殺戮大型工場の写真もありました。



ビルケナウ収容所の外観を映した静かな写真。










あの日、見た光景がよみがえる。






処理できないまま、

今もそれと分かる積み上げられた大量の髪の毛、

靴、

荷物、

破壊されたガス室。

収容所が終着駅のレール・・・。






アンネたちもまた、ここに送られてきた。


その後、収容所を移り、死を迎えたけれど。






果たせなかったアンネの思いを、

生き残ったパパが形にした。



それが、アンネの日記。


涙がでた。




きっとまた、今ならとらえ方が違うだろうと

もう一度読まなきゃいけない気がして

買おうか真剣に悩んだけど、

結局やめました。



代わりに、アンネの博物館の本を購入。


アンネの日記は、日本でも手に入るから。

帰ってゆっくり読むことにしよう。




平和授業が少なくなっているらしい昨今、

忘れてはいけない、人間のもつ残酷な本能。


脅えながら受け止めるしかなかった時代。




それでも夢を持ち続け、

未来に伝え、生き抜こうとした少女がいた。





将来、子どもが出来た時、

語り継ぎたい出来事の一つです。



★ブログランキングに参加しています★
↓↓クリックするとランキングトップページへジャンプします☆
これによって、とっくのブログランキングが上がります(´∀`)
『アンネの日記、読んでみるかなー』という方はクリック↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
もひとつおまけに↓↓クリック


スポンサーサイト
.03 2011 オランダ comment4 trackback0

comment

たいき
思わずアウシュビッツのブログ読み返してしまいました。
想像できないくらいひどいことが行われていたんですね。ユダヤ人というだけで。
でも日本も戦時中、中国や朝鮮の人にそれに近いことをやっていたのだと思うと恥ずかしくなります。その時生きてないけど。
こういった負の歴史を繰り返さないためにも、僕らは学ばなきゃいけないんですよね。学生のときこれに気づかなかった・・・
収容所にいた人たちのこと、その家族のこと、その友達のことを思うと苦しくなります。アンネは有名だけどみんなそれぞれのストーリーがあったはず。それぞれの生活があったはず。
絶対に繰り返してはいけない過去だけど、ありそうで怖いです。

今チリなんですね。あと少しだと思いますけど、気をつけて楽しんでください。帰るまでが遠足ってよく言うから(笑)ビンラディンが殺されてイスラム系の人は今いらいらしているみたいです。南米は大丈夫だと思いますが。
2011.05.03 08:14
ともか
アンネの日記。
聞いたこともあるし、概要は知ってる。
けど、とっくみたいに実際起こった場所に行くときっとまた違った感覚をもつんだろうなぁ・・・
人間は体験してないことでも、共感することができるから。
ユダヤ人が受けた残酷な出来事がもう二度と起こらないように自分たちが新しい未来を創っていかないとね!
ほんと、気を付けて帰ってきてね~!!
東京で待ってるよ!
むしろ空港まで迎えいくよ(笑)
2011.05.03 12:03
とっく
たいきくん

そうなんよね。日本もすごいことやってんだよ…。
人とは思えないくらい。

ビンラディンが殺されたニュースはこっちで見たよ。
最も、日本語じゃないから詳しくは分かんなかったけどwww
同時にアメリカ人がめっちゃ喜んでる姿も放映されてたから、
これを期に、また妙なことが起こらないといいんだけど…。

2011.05.03 12:47
とっく
ともか

さんきゅ♪♪
実在した人物とか、歴史とか、
頭では分かったつもりでいても、
どこか実感なかったりするけど、
足を運ぶと実感がわくよ。

ちょっと違うんだけど、日光東照宮に行って、
それまでは教科書の中だけで生きていた家康が
生きていたことを実感した時と似た感覚ww
分かりづらくてすまんww
2011.05.03 12:58

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tokkutan.blog48.fc2.com/tb.php/156-bc030712

プロフィール

とっく

Author:とっく
28歳の誕生日は、シリアとトルコの国境越え真っ最中。
31時間かけて、黙々と移動してました。

出発から早9カ月。
日本に帰る日がくるのが怖いくらい、
すっかり旅の日常に慣れてきた。
帰国の時が、
確実に、刻一刻と近づいています。

だけどまだ、全然足りない。

ほんの何週しか経ってない気分。
時が経つのはあまりに早すぎます。

振り返れば色々なことがありました。
そして初めて、時の長さを実感します。

思った以上に世界は広すぎます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

お役立ち海外情報サイト

海外旅行取扱いサイト

海外オプショナルツアー満載

大手旅行会社サイト

旅行業界トップクラスを誇るJTB

海外ホテル取扱いサイト

海外でお得にホテルを探すなら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。