FC2ブログ
2018 07 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2018 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

タイムリミットは6時間☆

船内放送で目を覚まし、

ロビーに上がると、

海を隔てた向こう側に、

ストックホルムの街並みが広がっていました。


PB101161.jpg



何度目かの放送の後、手荷物だけを持って、

下船口へ。



ちなみに帰りも同室なので、

カードキーもそのまま利用可。

メンテナンスも入りません。


なので、重く、小汚いバックパックはお部屋に置いて、

超身軽に観光できます。


が、

万一に備え、

荷物はきちんと整頓していきましょネ☆





ラップランドで押してもらった

北極圏到達スタンプを笑顔で指差し

「あなた、行ったのね?」と

興奮気味に喜んでいた入国審査官の横を

にっこり微笑んで通過。






外に出ると

雪のような雨がちらついていました。


この時期の北欧、

想像以上に、天気悪いです。




それでも街並みの、

まさに絵に描いたような美しさは健在でした。

PB101140.jpg

PB101136.jpg



うなずける写真こそないけれど、

ストックホルムが、何故こんなにも美しいのか。


頭をひねらせ悩んだ挙句、

気付いたことが一つ。




例えば日本では、

ビルの隙間を埋め尽くし、

建物に、これ見よがしに付いている看板が、

我こそがと自己主張し、入り乱れている看板が、


さっぱり見当たらない。



なので、視界を無駄に遮らない。


だから、壁も綺麗に整ってるし

一層統一感を際立たせているんだろう。





洗練された都会


そんな言葉がぴったりのこの街。


野山を駆け巡り、

木に登り、

虫を追いまわしていた田舎育ちのあたしは、

俗に言う、都会の空気が苦手だけれど、


ストックホルムは別格。



ここも都会には違いないのに、

妙に落ち着いてて、ゴミゴミしてなくて。





雪と氷の入り混じった地面を踏みしめる音が、

一定のリズムを保って耳に届く。


人も車もそれなりに存在するのに、

都会の喧騒というものが

まるで感じられない。




静寂の季節の始まりのせい?

PB101167.jpg


あるいは、そこで耳にしたはずのざわめきは、

今、記憶から姿を消してしまっただけなのかも。




若い二人には早すぎる、

例えば、互いの仕草で分かりあえる夫婦が、

ゆったりとした足取りで散歩する様がよく似合う、


そんな雰囲気。




ひととおり観光し、

時間を合わせて、

衛兵交代の見学に行ってみました。

PB101156.jpg



交代式は何処で見ても、かっこいい。


制服がその動きを一層際立たせるのか、

この寒い中、キビキビ、ビシッ!!


こちらまで気が引き締まります。

寒さに逆らえない身体は

相も変わらず猫背のままだったけど。



鼓笛隊(?)もいました。

PB101160.jpg


これは衛兵交代式で初めて見ました。




交代後はこの寒空の下、

微動だにせず、

任務にあたるんだろう。



何時間だか分からないけど、

なんて忍耐力。



衛兵ではなく、

どちらかといえば小奇麗な日本人観光客を

眺め、喜んでいる帰国間近な同行者を後目に、

帰路へつく。


「やっぱり、北欧にバックパックは似合わんな」

なんてことを思いながら。





6時間という限られた時間だったけれど、

なかなか満喫出来ました。




そういえば、

福岡出身のYUIちゃんが,

ここ、ストックホルムをモチーフに作った曲が

あるとかないとか?
(YUIちゃんファンの旅人情報)



今度聴くときは、

ここの風景を頭に浮かべながら、

耳を傾けてみようかな。



★ブログランキングに参加しています★
↓↓クリックするとランキングトップページへジャンプします☆
これによって、とっくのブログランキングが上がります(´∀`)
『へぇ、北欧行ってみたいわー』という方はクリック↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
もひとつおまけに↓↓クリック


スポンサーサイト
.17 2011 スウェーデン comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tokkutan.blog48.fc2.com/tb.php/149-78a3ecd6

プロフィール

とっく

Author:とっく
28歳の誕生日は、シリアとトルコの国境越え真っ最中。
31時間かけて、黙々と移動してました。

出発から早9カ月。
日本に帰る日がくるのが怖いくらい、
すっかり旅の日常に慣れてきた。
帰国の時が、
確実に、刻一刻と近づいています。

だけどまだ、全然足りない。

ほんの何週しか経ってない気分。
時が経つのはあまりに早すぎます。

振り返れば色々なことがありました。
そして初めて、時の長さを実感します。

思った以上に世界は広すぎます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

お役立ち海外情報サイト

海外旅行取扱いサイト

海外オプショナルツアー満載

大手旅行会社サイト

旅行業界トップクラスを誇るJTB

海外ホテル取扱いサイト

海外でお得にホテルを探すなら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。