2018 05 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2018 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ふとっちょかもめの港町☆

濃霧の心配をよそに、

これでもかというほど晴れ渡る空の下、

タリンを定刻出港した船は

PB050970.jpg



なんの問題もなく、

約3時間の航海を経てヘルシンキの港に入港しました。

PB050977.jpg



せっかく余裕をもってヘルシンキ入りしたんだからと、

列車の時刻まで少し観光しておくことに。



ここにはスオメンリンナという世界遺産の島があります。

島自体が要塞になっているらしい。




そして、島なのでね。


はい。また、船ですね。

PB051004.jpg



一日に船ハシゴ。


ほんっと、船大好きな人みたいです。


鉄子ちゃんならず、

船子ちゃんと呼んでもらっても構いません。




エンジン音と船独特の振動を感じながら、

海風を肌に感じながらぼんやり外を眺めるのがすき。

早すぎない景色の流れが好き。

海上から眺める夕日が好き。

PB051001.jpg



なんだか手を延ばせば雲に手が届きそうなほど

空が近くに見えるのは、

北半球のせいかしら?




夕陽に向かって走り出した少年がいました。

PB051008.jpg


ゆっくりと後を追っていたら、

見失ってしまいました。

PB051010.jpg




かわりに、パスポートコントロールを発見。

PB051015.jpg





城塞の島を散策していると、


でっかい大砲が、島の所どころにありました。


要塞跡が、ちょっとした迷路の様で、

かくれんぼして遊ぶにはもってこいの島です。



PB061017.jpg




帰るころにはすっかり陽が落ちていました。



北欧の冬の夜は恐ろしく長いのです。


4時過ぎには完全に陽が落ちている勢いで、

冬の寒さを一層際立たせます。



それでも、訪れたのはようやく冬が始まる季節だったので、

日中の最高気温はまだ5℃ほどあったけれど。





島を満喫した後は、

預けていた荷物をロッカーから取り出し、

フィンランド最大の目的地、

サンタの住む町へ。





サンタクロースエキスプレスという、

名前を聞いただけでも高価な香りのする列車など乗れるわけもなく、

質素なタイプの夜行列車。(座席タイプ)

PA250618.jpg




途中でオーロラ、見えちゃうかもね、

なんてことを話しながら、

いつしか眠りにつきました。




目覚めれば、

あたり一面真っ白な雪景色が広がっているはずです。




★ブログランキングに参加しています★
↓↓クリックするとランキングトップページへジャンプします☆
これによって、とっくのブログランキングが上がります(´∀`)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
もひとつおまけに↓↓クリック


















スポンサーサイト
.28 2011 フィンランド comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tokkutan.blog48.fc2.com/tb.php/141-84666e18

プロフィール

とっく

Author:とっく
28歳の誕生日は、シリアとトルコの国境越え真っ最中。
31時間かけて、黙々と移動してました。

出発から早9カ月。
日本に帰る日がくるのが怖いくらい、
すっかり旅の日常に慣れてきた。
帰国の時が、
確実に、刻一刻と近づいています。

だけどまだ、全然足りない。

ほんの何週しか経ってない気分。
時が経つのはあまりに早すぎます。

振り返れば色々なことがありました。
そして初めて、時の長さを実感します。

思った以上に世界は広すぎます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

お役立ち海外情報サイト

海外旅行取扱いサイト

海外オプショナルツアー満載

大手旅行会社サイト

旅行業界トップクラスを誇るJTB

海外ホテル取扱いサイト

海外でお得にホテルを探すなら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。