2018 05 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2018 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

酒と市場と猫の家☆

そういえば、ハンガリーからポーランドのクラクフに向かうバスは、

ユーロラインにも関わらず、

マイクロバスに荷物牽引タイプで驚いた。

PA270706.jpg



「この辺りのバスは全部あんなんなのかしら?」

とか思ってたけど、

後にも先にもあれっきりで、

リトアニア行きのバスはまともだった。



ヴュリニュスに到着した時は、

地図を見ながら歩いていたのに、

なぜか道に迷ってしまった。



軌道修正を試みたところに、親切な女性が登場。

なんとまぁ、

「ここから遠いわよ!!
 
この荷物じゃ大変!
 
タクシーじゃなきゃ無理よぉ!!」



なんてことを大袈裟な素振りで言いながら、

目指すホテルに電話してくれて
(残念ながら電話番号違ってたけど)

タクシー呼んでくれて、
(おっちゃんえらい愛想なかったけど)

宿まで一緒についてきてくれた。
(管理人不在で宿泊者が出てきたけど)


そして、あたし達が宿に無事納まるのを見届けた後、

彼女は笑顔で手を振り、歩いて帰って行った。


そんなことも手伝って、あたしにとって、

リトアニアのイメージはすこぶる良い。





旧市街もこじんまりしてて歩きやすくて、

でも教会は立派で、

PA300838.jpg


スーパーもあって、

川も山もある。

旧市街はちょっとした青空美術館のようで、

壁に銅像が埋め込まれてたり、

絵が飾られてたり。



そんなヴュリニュスの後にやってきたのが、ここラトビア。

バルト三国の真ん中に位置する国。


ここいらの、主な見どころは旧市街。

世界遺産にも登録されてます。





バルト三国のなかでは、

リガの街が一番の意見をよく聞いたけども、

田舎育ちのあたしには、ちょっぴり都会すぎました。



小奇麗にパステルカラーでそろってる街並みは、

もちろん美しかったけど、

PB010873.jpg

なんだか全てが嘘っぽかったし、

ちょっとしたエピソードを持つ

期待していた猫の家は、

思いのほか普通だなって思った。

PB010878.jpg


石畳の旧市街を思いっきり車が走ってゆくのも

どうも気に食わない。

(注↑完全に偏見まじりの個人的な意見です。)



リーガの良かったところ。

それは、デカイ市場

PB010888.jpg


あと、公園!!

PB020894.jpg




市場にはあらゆるものが揃っているし、

寒さをしのげるのが嬉しい。

PB020902.jpg



さらに安くて、そこそこおいしいご飯が食べられる。


ただ、冬のヨーロッパは夜がすこぶる早い為、

店じまいも早い。

北欧に近付いてるのを実感します。




手のひらサイズのレバーにはさすがに驚いたけど、

もっとちいさければ、きっと美味しくいただけてたと思う。

ハンバーグもどきもまた、美味しかったもん。



張り切ってビール持ち込んだら、

警備員さんがツカツカやってきて、注意されちゃったけど。

かわいい缶に魅かれて買ってきたビール。

PB010890.jpg




なんとここでは5人部屋を貸切で、

北欧禁酒生活に向けて、毎晩酒びたりという

旅程においてはかつてないほど

怠惰で贅沢な生活を送りました。

PB030908.jpg



まったく、こんなとこまできてなにしてるんだか(´Д`;)



毎日、旧市街やそこらへん散歩して、

スーパー行って、お酒買って、

宿に戻ってご飯作って(もらって)。

ビールが安いの良いことに、

たらふく飲んで、DVD見ながらいつの間にか眠りに着く。




なんて退屈で、贅沢な日々。

老後はこんな暮らしも悪くないわね、なんて思ったり。




間もなく、北欧です。


*********************************

リアルタイム、今南米。

アルゼンチンです☆★



そしてもうすぐウシュアイア。



世界最南端のマックを目指していたのに、

プンタアレーナスからなくなったんですって?!

今やニュージーランドなんですって?!!



正確な情報おもちの方、ご連絡いただければ幸いです☆




★ブログランキングに参加しています★
↓↓クリックするとランキングトップページへジャンプします☆
これによって、とっくのブログランキングが上がります(´∀`)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
もひとつおまけに↓↓クリック







スポンサーサイト
.20 2011 ラトビア comment2 trackback0

comment

たいき
今アルゼンチンなんですね。
寒いのか熱いのかもわかりません(泣)
俺は日本の地震にオロオロしつつも先週末(結局伸ばして火曜日までいたけど)ティカルに行ってきました。
キャンプめっちゃ良かったです!!電気が全く無いから星きれいだし、朝ジャガーの鳴き声聞こえるし、遺跡から見る朝日凄すぎだし・・・ぜひいつか行ってみて下さい。
それではCon cuidaso.Buen viaje!!
2011.03.21 02:51
とっく
たいきくん
あたしも最初オロオロしてテレビにかじりついてたけど、
日本はきっと大丈夫やと思うよ。
復興作業も少しずつ始まっているようだし。
あたしたちは募金くらいしかできんけど、
多分、今はそれで十分じゃない?
日本人は精神力あるし、努力家だし、復興する技術ももってるし。
時間はかかるだろうけど、更に性能良く作り直してしまうと思う。
問題は金銭面かな…。
世界各国が支援してくれてるってね。
本当にありがたいことだよね。

いつどこで何が起こってもおかしくないこんな時だからこそ、
今を大切に生きなきゃっておもうよ。
自然災害は防ぎようがないし、明日は我が身かもしれない。

アルゼンチンはね、もうじき秋くらい。
ブエノスは日中あったかいけど、朝晩は肌寒いよ。
ウシュアイアは、夏の終わりでも寒い…。
夜は、暖房がないと凍えちゃう。

ティカルのキャンプ超羨ましい!!!!
あたしはフローレンスからの日帰りツアーで行くにはいっただけど、
日の出も夕日も見れんかったし、泣き声も聞いてないーー(TT)
次行くなら絶対キャンプするわっっ!!


2011.03.25 03:38

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tokkutan.blog48.fc2.com/tb.php/139-84349f05

プロフィール

とっく

Author:とっく
28歳の誕生日は、シリアとトルコの国境越え真っ最中。
31時間かけて、黙々と移動してました。

出発から早9カ月。
日本に帰る日がくるのが怖いくらい、
すっかり旅の日常に慣れてきた。
帰国の時が、
確実に、刻一刻と近づいています。

だけどまだ、全然足りない。

ほんの何週しか経ってない気分。
時が経つのはあまりに早すぎます。

振り返れば色々なことがありました。
そして初めて、時の長さを実感します。

思った以上に世界は広すぎます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

お役立ち海外情報サイト

海外旅行取扱いサイト

海外オプショナルツアー満載

大手旅行会社サイト

旅行業界トップクラスを誇るJTB

海外ホテル取扱いサイト

海外でお得にホテルを探すなら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。