FC2ブログ
2018 07 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2018 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ドラキュラ伯爵の居城☆

昔からお姫様然り、魔女とかドラキュラとか、

そんなものにも憧れていました。

カンクンでお世話になった友人が

幽霊は信じないけど、魔女とジンの存在だけは信じてると言った時、

ちょっと嬉しかったのです。
※ジンとはどうやら日本で言うトコの座敷童のようなものらしい。
 正確にはちと違うんだけど。この話はメキシコ話で触れるとしよう☆



テレビのない家テレビはあるけど映らない家で育った

とっくの妄想癖はかなりのもので、

時々、現実と空想の狭間で彷徨うことすらあるくらい。



昔、本気で魔女になろうと思っていた時期がありました。


それはとっくがまだ小学生だった頃のお話で

年に何度か学校を通してやってくる、本の団体購入を楽しみにしていました。

決して多くは無い選択肢の中に、

ひときわあたしの眼を惹くものが。

『魔女図鑑~魔女になるための11のレッスン~』

確か「読み終わったら貴方も魔女に…」的な説明文が添えられていたと思う。


洗脳されやすいとっくは、

「これがあれば、あたしは魔女になれちゃうんだわ!!」と、

本気でそう思いました。

「誰も知らないところで、あたしは魔法の薬をつくっちゃうんだからね!!」と、

意気込んでいました。


心待ちにしていた本がいざ手元に届いた日、

誰にも見られないように、何の本だか気付かれないように、

素早く手提げかばんに入れて、大事に大事に胸に抱え

ランドセルをカタカタ言わせながら、

これでもかという急ぎ足で家に向かいました。


誰もいない家の中で、そーっと一ページ目を開きました。


『きっとほうきの乗り方や魔法の言葉、

 魔法に役立つ薬の作り方が書かれているに違いない。

 なんせ、読み終わったら、あたしは魔女になっちゃうんだから!!』


そう思っていたのに、ページをめくればめくるほど、

子ども騙しでしかないその本に、

ガッカリせずにはいられらませんでした。


かえるの心臓や魔女の爪を調合する薬はさすがに作らなかったけど、

やたら普通っぽかったクッキー作りだけは挑戦してみたものです。




そしてまた別のある日、ドラキュラの鋭い歯に憧れて、

悪戯グッズや変装グッズでありがちな、

プラスティック製の牙と血のりを購入し、

仕事から帰ってくる母を出迎え驚かせ、

姉や妹とキャッキャ言いながら遊んだ記憶があります。



我ながら子どもらしい子どもだったと思う。

にもかかわらず、なぜか

『良いお母さんになりそうな人』ランキングでは

たいてい上位をキープしていたのは

知らないことにしておきます。






そんなあたしもすっかり大人な28歳になり、

ドラキュラ伯爵の居城の門前に立っていたりします。

PA240561.jpg



冷血串刺し公と言われ、

ドラキュラ伯爵のモデルになった

かの有名なルーマニア城主、ブラン伯爵の居城です。

PA240563.jpg


暗く、じめっとしていて、

光の入らないイメージをよそに、

可愛らしく、豪勢な家具に囲まれた綺麗な城。

PA240572.jpg

PA240573.jpg


重そうな棚を支える、不細工なライオンが

妙に不憫でならなかったです。

PA240599.jpg


窓からの景色もまた可愛らしく、

庭には湖、鮮やかな家屋が立ち並ぶ光景は

まるで映画のセットのようでした。

PA240576.jpg



城を回った後はいかにもツーリスティックな店でランチをとり、

ビールを一杯ひっかけて、帰りのバスを待ちました。

PA240559.jpg


バス停付近をうろついていたカップル犬。

PA240612.jpg

…足、異常に短くないですか??


ちなみにデカイ方がメス。

ちっこい方がオスですww



お城の近くで、誰もが手にしていた謎のものがありました。

気にはなっていたものの、その程度。


ただ、隣に座ったイギリス人夫婦が良い香りを振りまき、

美味しそうに食べるそれをみて、無性に食べたいね衝動にかられ、

バスの時間ギリギリになって誘惑に負け、買いに行きました。

↓これ。
PA240613.jpg


とはいえ、ここのトラディショナル料理らしい、

トウモロコシ粉を練って固めてみた、

…けど固まり損ねたというような物体に

チーズを入れてチンしたような巨大な塊が、

お皿にどっかりのっかっただけのランチの後…。


非常に満腹だったにもかかわらず、


このパンのようなパイの様な不思議な食べ物は

中が空洞になっていて、すごく香ばしく、

焼き立てはふかふかで温かくて、美味しかったです。

しかも、冷めてもまたおいしいというにくい奴。


皆が手にしているのがうなずける、確かに絶品の一品でした。

常に長蛇の列だったので、有名なところなのかしら。

ブラン城に立ち寄った際にはぜひお試しあれ☆★



余談ですが、ブラン城への起点となる町、

ブラショフの旧市街にある家族経営の中華料理やはお勧めできません。

中華料理を食べたことない人が作っているとしか思えない代物でした。

きっと、世界ワースト3の中華料理屋に入るでしょう。



魔女図鑑の存在が気になる貴方の為に、一応貼り付けておきます。

魔女図鑑―魔女になるための11のレッスン魔女図鑑―魔女になるための11のレッスン
(1992/08)
マルカム バード

商品詳細を見る



★ブログランキングに参加しています★
(↓↓クリックするとランキングトップページへジャンプします☆)

ランキングアップにご協力おねがいします(●´∀`人)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
もひとつおまけに↓↓クリック





スポンサーサイト
.07 2011 ルーマニア comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tokkutan.blog48.fc2.com/tb.php/132-250c5701

プロフィール

とっく

Author:とっく
28歳の誕生日は、シリアとトルコの国境越え真っ最中。
31時間かけて、黙々と移動してました。

出発から早9カ月。
日本に帰る日がくるのが怖いくらい、
すっかり旅の日常に慣れてきた。
帰国の時が、
確実に、刻一刻と近づいています。

だけどまだ、全然足りない。

ほんの何週しか経ってない気分。
時が経つのはあまりに早すぎます。

振り返れば色々なことがありました。
そして初めて、時の長さを実感します。

思った以上に世界は広すぎます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

お役立ち海外情報サイト

海外旅行取扱いサイト

海外オプショナルツアー満載

大手旅行会社サイト

旅行業界トップクラスを誇るJTB

海外ホテル取扱いサイト

海外でお得にホテルを探すなら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。