FC2ブログ
2018 09 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2018 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

御一行様の仲間入り☆

アスワンには有名なアブシンベル神殿があります。


アブシンベル神殿は、人工湖ナセル湖を作る時、

水中に埋まるはずだったのを、大移動したそうな。

P9213213.jpg

P9213218.jpg

P9213221.jpg


これが埋まってしまわなくてマジ良かったと思う。


ちょっと違和感感じると言う人も少なくないけど、

あたしは全然気になりませんでした。

むしろ、これを岩山に移そうと思った発想技術に拍手を送りたい感じです。


よーくみると遺跡が細かくブロック分けされた跡があって、

おおー地道な作業だなーーと、感心させられます。



写真だと、ほんっと分かりづらいけど、けっこうでかいです。


中の彫刻や壁画がまた見事!!

中に4体ある像は、瞑王にだけ太陽の光が届かないように出来ているという。

手の凝った演出。

すんげーね。


写真が残って無いってことは、撮影禁止スポットやったかな。

じっくり見てたら日が暮れそうです。



アブシンベルは僻地にあるため、ツアーに参加。

ちなみにこのツアー、深夜3時半スタートです。

アスワンに到着したのが22時。

しばらく夜行バスでの移動が続いたから、

ここぞとばかりにたまった洗濯物を片づけて、

シャワー浴びたり荷物まとめたりしてたら、

気付けば2時。



寝る暇ねーー・・・!!


ってなわけで、バスの中、

運転手と助手らしき人の間という

非常に落ち着かないポジションでしたが、

どこでも寝れるのは今や特技の域に達し、

見事に爆睡してました。



ツアーに参加すると、

時間制限とか団体行動とか超めんどくさいけど、

移動自体は非常に楽。


アスワンハイダム。

P9213234.jpg


めちゃ大規模なダムです。

P9213233.jpg


イシス神殿。

P9213255.jpg

P9213261.jpg

P9213266.jpg



島に位置するため、船で渡ります。

P9213249.jpg


ここも移転されたらしく、

最初の様子は分かんないけど、

緑とのコラボが遺跡をいっそう際立たせてました。

P9213252.jpg


アブシンベルツアーの後は、フルーカツアーへ参加。

アブシンベルの時間が押したせいで、

シャワー浴びる間もなく、荷物を取って、

バタバタとツアーバスを乗り換えました。




フルーカに乗り込むと、既に何人かの人がのんびりナイルの風を浴び

晴天の下、くつろいでいました。



思ったよりも食事が質素でがっかり☆

P9223284.jpg



これ、ツアーというよりは、動く宿という感じです。

P9223282.jpg



なので、特に何をするでもなくごろごろしたり、

お昼寝したり、

おしゃべりしたり、

本を読んだり、

持参のお菓子を食べたりと、

思い思いの時間を過ごします。

P9223283.jpg



あくせく観光するツアーの直後だったので、

のんびり流れる時間が心地よくて、

いつの間にやら眠りについていました。


目覚めると夕日が沈むとこでした。

P9223286.jpg



日が暮れると、岸辺に錨を打ちディナータイム。

浜辺に居た犬を見て

P9223299.jpg


「ハイエナ!!ハイエナ!!デンジャー!!!」

とつぶやく仙人のようなおじさんをなだめ、

浜辺に上がります。


楽しみにしてたディナーがこれまた質素(泣)


黙々といただいて、就寝。


さて、ここ、トイレありません。


旅立ってから3カ月。

すやすやと寝静まる夜、

こっそりと木陰に身を隠しつつ、

月明かりに照らされながら、初☆野ション。




電車が行き交う線路で堂々と用を足すインド人の気持ちが

少し分かった気がします。


 

 

ブログランキングに参加しています☆


とっくの地球一周ぶろぐ☆ところで次はどこいくの?!

という方は↓↓クリック!!!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
もひとつおまけに↓↓クリック

スポンサーサイト
.26 2010 エジプト comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tokkutan.blog48.fc2.com/tb.php/100-e1621cf2

プロフィール

とっく

Author:とっく
28歳の誕生日は、シリアとトルコの国境越え真っ最中。
31時間かけて、黙々と移動してました。

出発から早9カ月。
日本に帰る日がくるのが怖いくらい、
すっかり旅の日常に慣れてきた。
帰国の時が、
確実に、刻一刻と近づいています。

だけどまだ、全然足りない。

ほんの何週しか経ってない気分。
時が経つのはあまりに早すぎます。

振り返れば色々なことがありました。
そして初めて、時の長さを実感します。

思った以上に世界は広すぎます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

お役立ち海外情報サイト

海外旅行取扱いサイト

海外オプショナルツアー満載

大手旅行会社サイト

旅行業界トップクラスを誇るJTB

海外ホテル取扱いサイト

海外でお得にホテルを探すなら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。