FC2ブログ
2019 05 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2019 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

お誕生日は国境で★後編★

ただ一人残された乗客の心細さなど気にも留めず、

軽くなった乗合バスは、

いかにも乾燥地帯らしい白っぽい砂の、

色あせた緑の草を生やした山を横目に

一本道を走り続ける。


空はこんなに晴れているのに、

気分はどんより曇るばかり。


自分にうんざりしながらも、

人間が出来てないあたしは

思い違いもいいとこで、おじさんに矛先を向け、

何とか気持ちを落ちつけようとした。



頭の整理がつかないうちに、バスの扉が開けられた。


「あっちがトルコだよ。」


そういってドライバーが誇らしげに指差した先は、

とっくが目指した場所ではなかったけど、

まさにシリアとトルコの国境だった。

100mほど先に、ポリスの姿も見える。


「はい。特別にここまで来たから100シリポン(約180円)ね。」

しっかり追加料金も請求された。



ダマスカスからアレッポまで、

心地よいふわふわマットの寝台電車に

6~7時間乗って600円の世界ですよ?

この距離で100SPもとるのかよ?!


とっくのイライラバロメーターは上がり続ける。


なるほど喜んで国境まで連れてきてくれたわけだ。



「あたしはアレッポに行きたいと言ったのに!!

 大体こんなとこで降ろされて、どうすりゃいいのよ?!」

鼻息荒く、悔し涙をためながら訴えるも、

今更アレッポに戻るわけにもいかないのは明らか。


周りは山以外何もない国境で、

とりあえず前に進むしかないのは分かってる。

でも、どうしても一言文句を言いたかったのだ。



泣いても笑ってもトルコまで、ものの数百メートル。



結局100シリポンを支払い、ぶっきらぼうにお礼を言って

一歩ずつ、

ゆっくりと国境へ向かって歩く。



16㎏のバックパックと6㎏のサブバックが、いつにもまして重く感じる。


このまま歩いて国境を越えるのか…?


不安がよぎる。

最寄りの街まで一体何キロあるのかも分からないというのに。



遠く、免税店が見えた。

よし。あそこでバスを待とう。



銃を構え、国境を守るポリスマンのもとに辿り着いた。

怪訝そうにこちらの様子をうかがっていたポリスマンに

これまでのいきさつを説明する。



そして最後に、トルコ側に交通手段はあるのか尋ねてみた。


ポリスマンは適当に話を聞き、

ふんふんとうなずいた後、


「これに乗って行きなさい」

と、ちょうど通りかかった乗用車を指差した。


へ??交通手段はこれだけ?!


とっくは目を丸くした。

乗用車の持ち主も、いいとばっちりだよ。

まさか、他人の自家用車で国境を越えることになろうとは

思ってもみなかったもん。



いざ、出国手続きの建物に入ると、

外国人のツーリストらしき人は誰一人いなかった。

小さな建物の中は、見るからにトルコ人かシリア人。



デカイ荷物を積んだ乗用車か、

何かを運ぶ大型トラックくらいしか見当たらない。


アンタクヤの国境で列を作っていた国際バスなんて

一台もいやしない。


そのせいか、なんとなく独特の緊迫ムードがあって、

係員もまじめに仕事をこなしていた。



淡々と出国手続きを終えると、

また同じ車に乗せてもらい、続けてトルコの入国審査へ。


いよいよ見慣れたトルコの国旗が近づくと、

なんとなくホッとした。


『メルハバー!!ニホンジン?!ワタシモニホンジン!!』


どっからどう見てもにトルコ人にしか見えない係員に

優しい笑顔と陽気な挨拶で迎えられ、

やっぱあたしは、トルコ人好きだなぁ・・と思う。


おかげで、ずっと続いていたイライラと、

眉間のしわがすっと消え、気持ちがスっと軽くなった。



幸いトルコのガイドブックは持っていたので

またまた事情を説明し、ここがどこなのか尋ねると、

「キリスだよ」と教えてくれた。


自分の所在地がわかっただけでもひどく安心した。



冗談だか本気だか分かりにくい世間話を聞いた後、

イスタンブールに向かいたいと訴えると、

『まぁ、慌てないでいいから』と、

まさかの国境でシャ-イをご馳走に☆



そしてあまーいシャーイで癒されてるその間に、

これまた違う乗用車に

あたしを最寄りのバス停に送り届けるよう頼んでくれていた。

最初の車はどうやら急ぎの用があった様子・・。



最寄りといっても約7キロの距離があり、

長距離バスの出るオトガルへは、

そこから更に30分ほど乗合バス(セルビス)を乗り継がねばならなかった。

(バスが通るまでの時間つぶし程度にはなるだろうと目をつけていた免税店は、
ガラスが割れ、中は空っぽ。既に廃墟と化してました。
バスが通る気配もありませんでした…。)





おかげで無事、キリスのオトガルへ到着し、

誕生日を終えた翌朝、バスはイスタンブールへ帰りついた。



懐かしい旧市街の街なみ。

サバサンド。

美味しいケバブ。



こうしてとっくは、一日がかりの大移動を無事終えたのだった(・ω・´)三33



大好きなトルコの入国スタンプが、
(※でもスタンプ自体は非常に地味)

自分の誕生日の日付で押されてあるってのは、

なんとなく嬉しいもんです



★ブログランキングに参加しています★
(↓↓クリックするとランキングトップページへジャンプします☆)

忙しい中、この長ったらしい日記を読んでくれてありがちゅ(●´∀`人)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
もひとつおまけに↓↓クリック








スポンサーサイト
.29 2011 シリア comment0 trackback0

お誕生日は国境で★前編★

そういえば、トルコはでかかった。

10数時間の移動なんて当たり前★


なのに、お隣シリアではあっという間にダマスカス。


ダマスカスでは適当に旧市街をうろついて、

美味しそうなアイス食べてる率高くて、

皆どこで買ってんのかしら?とか思いつつ、

指をくわえて見ていただけで、

これといって特に何もしてません。

強いて言えば、ダマスカスの観光案内所の係員、

もんんのすごーーーーーーーく親切でした。

行く価値あり。



さて、ここからのメインイベント。

それは、

誕生日の国境越え


そう、とっくはひとりで過ごす誕生日に、

あえて移動を組み込んだのです。


それも、一日がかりの大移動。



あれは忘れもしない

2010年10月17日。


深夜0:01。

まさに誕生日を迎えた1分後、

28歳なりたてほやほやのとっくをのせた夜行列車は

シリアのダマスカスからアレッポに向けて走り出した。





日暮れ前にバスで駅に向かい、

ケバブを食べながら、電車を待った。


バスより断然電車が好きなあたしとしては、

誕生日を迎えるには絶好の移動手段で、

しかも、ちょっぴり奮発しての寝台列車。

華の28歳を迎えるのには申し分ない。


アレッポへは一度行ってるし、

バスターミナルも滞在中、

例の盗撮宿で貸してもらった歩き方で予習済み。


後は、駅からバスターミナルへ向かう白紙の道を埋めるだけ。

そこからは、長距離バスでもと来た道を通って、

そのあと一気にイスタンブールへ。



今日を振り返り、そして明日の旅程を組みたてていると、

ものの5分も経たないうちに、

いつものように眠りに付いた。





まだ早すぎるほどの早朝、

電車はアレッポに到着し、

これまたいつものように地図を広げ、

一応とっくなりに人選しつつ、

聞き込み調査を開始した。



でも、ここはシリア。


難なく親切な人が現れ、

ちょうど行く道だからと案内してくれ、

まるで当然のように、目覚めのコーヒーを買ってきてくれた。

少し腰かけ、話し、そして、当然のようにバス停に辿り着く。


・・・そう思っていた。





暫く話をした後、

『何処へいくんだい?バスは何時にでるのかね?』

彼は尋ねた。

「午後だと思う。トルコへ行きたいんです。」

『朝食でもどうだい?近くに美味しい店があるんだよ。』

「じゃぁ・・」


当然とっくにアラビア語が分かるはずはなく、

相手は英語はほとんどわからず、

お互い簡単な単語をジェスチャーを交えて話すもんだから、

理解するまでに時間がかかる。

でも、ちゃんと通じてると思ったんだ。



おじさんが話していたお勧めのお店はまだ閉まっていて、

ぽかんと口を開け、ガックリと肩を落とした。


『もう一個知ってるから大丈夫!!』


そして、ためらいもなくタクシーを拾う。



おっと。

今なら道がなんとなくわかる。

ココから離れて帰ってこれなくなったらまずいことになる。


慌てておじさんをひきとめる。


「あたし、アレッポのバス停に行かなくちゃ。

 トルコに行きたいから、タクシーには乗れないよ!!」


『ご飯を食べたらバス停に連れていくから。』


そんな風なことを言った。

そして能天気にもあたしはタクシーに乗り込んだのだ。





思いのほかタクシーは走り続け、

あるケバブ屋さんの前で止まった。


おじさんはご飯をご馳走してくれ、

約束通りバス停に連れて行ってくれた。


すべては順調かに思えた。



しかし・・・。







そこは、見たこともない乗合バスの停留所だった。



「アレッポのパス停でトルコ行きのバスに乗りたいんだよ?!

 ここは違う!!ここはどこ?!」


地図を広げると、乗ってないという。


ヤバい。

今日の便を逃すと、合流予定がまた遅れる。


おじさんはココがバスターミナルだの一点張りで、

結局そこらへんの人を捕まえ聞いてみることにした。


「トルコのアンタクヤに行きたい。

 アレッポのバスターミナルはどこ?!」


やはり乗合バスの乗り場を案内され、

それから、

『あれがアレッポのバスターミナル行きだよ』

と指差したバスに乗り込んだ。



なぜかおじさんも一緒に乗ってきた。


「???」


おじさんが運転手に告げる。

おそらくこの子はトルコに行きたいからとか何とか

説明をしてくれたんだろう。


悪い人ではないんだ…。



最初注意して周囲をきょろきょろしていたものの、

場所も分からないトコであせっても仕方ないと思い始めた。

さらに、良くも悪くも乗り物に乗ると眠くなるという特異の体質が高じて、

爆睡モードに突入してしまったのだ。



再び目覚めると、

そこは見覚えのあるようなないような景色だった。


記憶の糸を手繰り寄せ、どこの景色か思い出した。



国境だ!!!



トルコからシリアに抜けた後の、

あの国境付近の景色に似てるんだ!!


そして、あたしの予感は的中した。



近くの村でおじさん含め、

残っていたすべての乗客が降りていった。


あたしも続けて降りようとしたその時、

おじさんが『待て』の合図をした。


思わず振り向くと、

ドライバーは軽快な口調に

軽くウインクのオマケをつけてこう言った。


「トルコにいくんだろ?」





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

長くなるので2部作にします・・・(´Д`;)



★ブログランキングに参加しています★
(↓↓クリックするとランキングトップページへジャンプします☆)

忙しい中、この長ったらしい日記を読んでくれてありがちゅ(●´∀`人)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
もひとつおまけに↓↓クリック





































.26 2011 シリア comment0 trackback0

天空の城、らぴゅた☆

シータがムスカにとらえられてたお城、わかります?


パズーがドーラに仲間に入れてもらって、

助けに行ったお城。

え?ピンとこない?


ほら、シータが、


『リテ・ラトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール』


とつぶやき、飛行石が光を放って

眠ってたロボットが動き出して、城を焼き、

燃えさかる城からパズーが助け出すシーンがあったでしょう?



「シィータァアアアアアーー!!!!」

「パズーーーーー!!!!」

って。



『クラック・デ・シュバリエ』

あのお城の、モデルになったとかならなかったとか。

そんな世界遺産を訪ねてまいりました。

PA140216.jpg


シリアのハマからデイトリップ。

ツアー代ケチって、ホムスから乗合バスで行こうとしたら、

人数集まらなくて、逆に高づいた。

安い現地ツアー探して紛れこむ方が賢いかもですww



さて、このお城、世界遺産には珍しく、

囲いとか柵とかほとんどされてない。

草も茂ってたりするし。


飛び降りようと思えば、たやすいくらい、

貧弱なロープが補強の為に塔を囲ってるような、

そんな程度。

PA140207.jpg




中は迷路みたいで結構ワクワクします。

PA140180.jpg


ただ、案外広くて、

PA140208.jpg


ツアー客いるにも関わらず、

死角になる場所もちらほら。

PA140177.jpg



なので、女一人だと危ないらしいです。

帰りに出会った女の子、迫られて危うかったらしいです。




塔から遠くの空を眺め、

こっそり呪文を唱えてみても、

パズーは助けに来てはくれなかったけど、

シータの気分を存分に楽しみました。

PA140192.jpg

あたし的にはパルミラより断然こっちの方が好き☆




余談ですが、ジブリではラピュタが一番好きです。

次にナウシカです。

昔、姉と二人、メーヴェを作ろうと試みたことがあります。

材料は堂々と百貨店を名のる地元の小さな店で購入しました。

作ってるときは、

鳥のように大空を舞う自分を想像し、自然に顔がにやけたものです。

大分のライト姉妹と呼んでくださって結構です。


ついに、首藤姉妹のメーヴェが空を舞うことはなかったけれども。



あ、飛行石がほしくて、

三鷹の森ジブリ美術館で買おうかと思ったら、

案外チャチくて、ちょっぴり残念だったという

どーでもいい思い出もあります。



クラック・デ・シュバリエ。



ラピュタ好きな人は機会があれば訪れてみてくださいv(´∀`)v



☆★『知らない人にひょいひょいついて行くな』

    伝言、しかと受け取りました in メキシコ☆★




★ブログランキングに参加しています★
(↓↓クリックするとランキングトップページへジャンプします☆)

マメにクリックしてくれてる方、ありがちゅ(●´∀`人)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
もひとつおまけに↓↓クリック
















.23 2011 シリア comment4 trackback0

タダより高いものは無い☆・・んかな。やっぱ。

さて、最近マメでしょ。

ひよこ豆食べただけあるっしょ。

あ、ひよこ豆の記事、しれっと写真追加したんだけど

気付いていただけました?


し・か・も!!

おニューのソニカメ(SONYのカメラの略)で撮った写真だぜ!!

壊れかけのオリン○スとは違うっしょ?!

ちょっと画像綺麗になったでしょ!!

エッヘン!!

※別に変わらないね、とかいう批評はいりません。



日記、所どころ書きためてんだけど、

歯抜けだから。

抜けた部分を今更書くのがめんどくせかったりするんっすわ



てなわけで、日記が時々前後します、悪しからず。

ホントは順番にアップしたいんだけどね。

読みにくくてすまんね。




☆☆★☆☆ここから先、再びシリア(古いデジカメ)に戻ります☆☆★☆☆


なんかね、

最近、遺跡みあきちゃった感が。



でも、今後、わざわざ遺跡の為だけにシリアには来ないわ、

って思ったのと、

ま、世界遺産だし!!ってことで、パルミラに行ってきました。

PA150321.jpg



合流が迫っていたため、のんびりしている時間はない。



パルミラの街には宿泊せずに、

パルミラへの直行便(カドモスカンパニー)で10:30にハマを発ち、

パルミラ遺跡の近くにあったホテルに飛び込み、

ダメもとで荷物預かりを頼み(快く預かってくれました)

その日のうちにバスでダマスカス入りという、強行手段。


ちなみにダマスカス行きバス会社はいくつかあるので、

行きに利用したバス会社に便はなくても

あきらめるのは早いです。


パルミラ、とにかく暑かったけど、

ボチボチよかったです。


他ではあまり見られない列柱が

ずいぶん状態良く残っています。

PA150285.jpg


ベル神殿付近はうろちょろしたものの、

PA150284.jpg

PA150305.jpg



パルミラ遺跡はかなり広範囲に点在してるから、

遠くまではいかなかったし、

夕日がきれいだという丘にも登らなかったけれど。




さて、ベル神殿に向かう遺跡までの道のりを一人で歩いていると

「遺跡いくの?送ってあげるよーー」

と今にも壊れそうな一台の車が止まりました。

PA150249.jpg



「え?!いくら?」

というと、

「はっはっは!!フリーだよ!!」



(°∀°●)マジデ?!


子ども達が乗っていたこともあり、

PA150246.jpg



調子こいて乗せてもらいました。




が。




向かう先がどうも違う気がする。



いただいたヒマワリの種を食べつつ、

暫く様子をうかがっていると、

車が止まったのは一軒の小さな家の前。

PA150255.jpg



「え?パルミラは?!!」


そういうと


「まぁ、お茶でものんでいきなさいな」


そう言ってお庭(?)に招待され、

お茶を入れてくれました。

PA150267.jpg


さて、ようやく肩の力を抜いたところで、

子どもがボールペンをもってないかと聞いてきた。



なるほど、こういうことか・・・。




若干ゲンナリしつつも、

ゴソゴソカバンを探ってみる。


でも、持っているのは、

日本で奮発して買ってきた書きやすさ重視の1本だけ。

これはさすがにあげらんねーー・・・。

「ごめんねー、今持ってない」

あたしは嘘をつきました。



こんな場面に遭遇すると、あたしってちいせーなぁと思う。

実際きちんと遺跡まで送り届けてくれたし、

お金を渡すべきだったのかもしれない。



そもそもこれを目当てに毎回観光客を乗せているのか、

それともたまたま通りかかっただけなのか、

この辺の見極めも非常に難しいんだけども。



ただ、頻繁にこういうことして、

タダと言いつつお金を取ったり、

物をねだったりって言うことはしてほしくないって思ったりするんです。


とはいえ、あたしも楽しんでおいて、ムシがいいよね。


値段が掲示された世界で育ったあたしは、

「Up to you (君次第)」が極端に苦手なのです。








ダマスカスへのバスでは、最前列。

PA160327.jpg

どーでもいいけど、フロントガラスヤバすぎでしょ。

殺す気ですか。



隣のおばちゃんがカボチャの種をくれたので、

むしゃむしゃ食べてたら、

フロントガラスは気にならなくなりました。

食べ終わった頃、

反対側のおじちゃんが、ピーナッツをくれました。

おかげでお腹はいっぱい、

唇はしょぼしょぼになりました。



途中、イラク方面を示す看板があり、

「あぁ、ここは日本から遠く離れた中東なんだ」

ということを今更ながら実感しました。

と同時に、平和な時代と口にしつつも、

未だ、殺し合いが無くならない事実に

なんだかやりきれない気持ちになりました。





とっくの乗ったバスがダマスカスに着いたのは

真っ暗に陽が暮れてから。


カボチャのおばちゃんの息子さんが迎えにくるとかで、

ついでにホテルまで送ってくれた為、本気で助かりました。

・・・にもかかわらず、ピンボケですみません(´;;)

PA160331.jpg


バス停から安宿のある旧市街まで、思いのほか距離がありました。

一人ならとりあえず歩き始め、泣きそうになってたに違いない。



シリア。

なんだかんだいいつつも、

親切な人多いです。



★ブログランキングに参加しています★
(↓↓クリックするとランキングトップページへジャンプします☆)

マメにクリックしてくれてる方、ありがちゅ(●´∀`人)
気が向いたときだけクリックしてくれる方…さ、さんきゅっっ(`=ε=)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
もひとつおまけに↓↓クリック




.09 2011 シリア comment2 trackback0

美しい街ハマと美しい青年(お花屋さん)☆

ハマ。

PA130092.jpg


見どころは水車しかないような、

そんなまち。



街も人も風景も、

のーーんびりしたところです。

PA150240.jpg




そして、外食の選択肢は

ケバブかパンかケバブの仲間くらいですが、

こういう街は嫌いじゃない。


ハマで見つけた画期的な改造二輪車。

PA130118.jpg



さて、ある日の夕方、

いつものように街をお散歩していると、

愉快な太鼓の音が聞こえてきました。



吸い寄せられるようにそちらへ向かうと、

ちょうど病院の開院祝いのパーティーが行われているとこでした。

PA140156.jpg



人だかりに紛れた傍観者のはずが、

いつの間にか輪の中に引きずり込まれ、

一緒に踊ってましたww

PA140144.jpg



外での儀式が終わると今度は建物の中へと移動。

PA140166.jpg


メディアと関係者、

親類・身内らしき人しか入れてなかった様なのに、

特別に病院の中まで招いてくれ、

ピカピカの診察室とこじんまりした小さな病棟を見学させてもらいました。

PA140158.jpg




しかも、ドクターは女性。

かっこえぇ!!



この後、会場のフラワーアレンジメントを担当したという青年が、

少し街を案内してくれました。



さて、この青年がタイトルにもなった人。


顔よし。
笑顔よし。
性格よし。
身長高くて、
隠れマッチョ。(←言われなきゃ分からない)。
なのにシャイ。


そして、職業、お花屋さん




な・・なんですか、そのギャップ!!

女心をくすぐるために存在しているとしか思えません。




アラビア語出来なくて良かったと思いました。

ちなみに青年は英語が全くできませんでした。

そして、酒も飲まず、タバコも吸わない、

かなり厳格なムスリムでした。


世の中、うまくできてるもんだ(´-∀-`)




残念ながら、写真は無い為、ご想像におまかせします☆



音のある場に楽しさあり☆

これは万国共通のようですな(´∀`●)



余談ですが

ホテルの隣にボディービルダー育成所みたいのがありました。

シリア人、

おじさんはポッコリお腹が多いけど、

年頃の男性の中には

マッチョに憧れる人も少なくないようです。

少しだけ、ほんとに少しだけ順位が上がりました。
まめにクリックしてくれてる方、ありがちょん
頻繁に更新しなきゃダメなのね(`・ω・´)シャキーン

『今年もよろしくお願いします

ブログランキングに参加しています。
(クリックするとランキングトップページへジャンプします☆)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
もひとつおまけに↓↓クリック

.05 2011 シリア comment2 trackback0
 HOME 

プロフィール

とっく

Author:とっく
28歳の誕生日は、シリアとトルコの国境越え真っ最中。
31時間かけて、黙々と移動してました。

出発から早9カ月。
日本に帰る日がくるのが怖いくらい、
すっかり旅の日常に慣れてきた。
帰国の時が、
確実に、刻一刻と近づいています。

だけどまだ、全然足りない。

ほんの何週しか経ってない気分。
時が経つのはあまりに早すぎます。

振り返れば色々なことがありました。
そして初めて、時の長さを実感します。

思った以上に世界は広すぎます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

お役立ち海外情報サイト

海外旅行取扱いサイト

海外オプショナルツアー満載

大手旅行会社サイト

旅行業界トップクラスを誇るJTB

海外ホテル取扱いサイト

海外でお得にホテルを探すなら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。