FC2ブログ
2019 07 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2019 09

ゾウに恋する5秒前☆

スリランカにはゾウの孤児院があります。



怪我したぞうさんをはじめ、

たくさんのゾウさんを保護しているとこです。


あいかわらずバカ高い入場料(R2000)を支払います。
(スリランカ人は多分R25だった。)


一日の時間割があって、

どうやら今は、ゾウさんの水浴び時間。


川べりを下ると、



すっっっ!!

P8251960.jpg




すんげぇぇぇぇええええええ!!!!


P8251958.jpg





ぞうさんがいっぱい!!

P8251992.jpg


水浴び&水遊びしてるっっ!!

P8251966.jpg



のばしよん!!!

P8251964.jpg

かわいーーー




きゃーーーん!!

赤ちゃんゾウさん までいるぅううう!!!



おっぱいのむぞうの赤ちゃん。


P8251987.jpg

ほほえましいね




足の悪い子。


P8251965.jpg

ちょっと表情が悩ましいね。



気持ちよさそうに揺れてた仲良しぞうさん。

P8251982.jpg

癒されるね






さて、水浴びが終わると、みんなお家に帰ってきます。





・・・。






・・・・・・。














き・・・・




キターーーー(・∀・)ーーーーーーァ


P8252003.jpg



すっげぇ!!





すっげぇぇえええ!!!


P8252006.jpg

ぞうさんの大行列!!!!







足の悪い子。

P8252011.jpg





ぺラヘラよりも、興奮したかもしれません。


 

 

ブログランキングに参加しています☆


とっくの地球一周ぶろぐ☆暇つぶしにいいわ~

という方は↓↓クリック!!!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
もひとつおまけに↓↓クリック




スポンサーサイト
.03 2010 スリランカ comment0 trackback0

スリランカでホームステイ☆

ひょんなことから、スリランカでホームステイを

することになりました。



昔日本で働いてたという、

ちょこっと日本語を話す誠実そうだけど

怪しげなおじさん(失礼!)に連れられ、

これまた田舎にやってきました。


P8282155.jpg


子どもたちはほとんど結婚してしまい、

現在はパパとママ、二人で暮らしているそうな。

突然訪れたにも関わらず、

快く迎えてくれました




スリランカ、立派な家多いです。

P8252021.jpg


キッチンはガスではなく薪のとこが多い様子。

P8252025.jpg



ちなみにこの家、150万だそうです

P8262067.jpg


姉、親戚、友達の家と

何件かお邪魔させてもらったけど、

P8262080.jpg


とにかくどの家もでかい。

そして、見かけ以上に、室内広々☆

P8262056.jpg

P8262058.jpg

P8272102.jpg


しかも庭には、バナナにマンゴー、ココナッツ、ザクロ、グァバ、パパイヤ、

P8272104.jpg


P8282149.jpg



P8272105.jpg

ペッパー、

P8262042.jpg


皮ばっかりで中身は小さいミカンもどきのフルーツ、

P8272093.jpg

P8272092.jpg

P8272097.jpg


コーヒーマメまである!!

P8262049.jpg




いろんな木がなっていて、

お庭は食べ物の宝庫です。


これに、田んぼまで持っているというから、

すんごいね。
(↑現在彼女募集中。)






仕事現場もちょこっと見学させてもらいました。


お姉さんは米の品種改良の研究やってるそうな。

P8262071.jpg


親戚は、柱やさん。


友達は、メンズショップのオーナー。



日本でお金を稼いで、スリランカに住めば?


と強く勧められました。



帰ったら、何の仕事しようかなぁ…???


 

 

ブログランキングに参加しています☆


とっくの地球一周ぶろぐ☆暇つぶしにいいわ~

という方は↓↓クリック!!!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
もひとつおまけに↓↓クリック



.02 2010 スリランカ comment1 trackback0

ペラヘラ☆フィーバー

ペラヘラ祭り って、聞いたことあります?


地球一周することを決めてから、

なんか見ごたえある面白いもんないかなーー

と、探していたらペラヘラを見つけました。



スリランカのキャンディーってとこで

着飾って電飾つけたゾウさんがいっぱい行進するらしい!!!

それはそれは綺麗で、観客もいっぱい集まるらしい!!

24日の満月の夜が、メインで一番盛大らしい。



そんなちっさな情報を頼りに、

辿り着いたキャンディー。


24日の当日じゃ、宿は無いはずと思い、

張り切って3日前から現地入り。

さすが、宿も強気な値段設定です…。



それにしても、人多すぎ!!

ポリスマンも大勢で警戒態勢。

P8222087.jpg


20時開始のパレ―ド(?)のために、

ごっそり食料買い込んで、朝っぱらから席取りしてます。

当然、きちんと予約できる、椅子の席もあるけれど、

噂によると、5000~6000ルピー(約4000~4800)らしい。


これは、今回キャンディで泊まった宿の5日分に相当する。
(↑※通常泊まる宿より料金高い)


さて、あたしはと言いますと、

もちろん無料席へGO。


一人で立ってみるだけなら、何とかなるっしょー。

と、思いつつ、16:30にはしっかり場所取りに出かけた

心配性のとっくです。



うーーん、柵が邪魔…とか思ってたら、

優しい優しいスリランカファミリーが、

なんと最前列に招き入れてくれましたっっ!!!

P8222092.jpg

P8222091.jpg


おかげで、障害物なく写真撮影に成功



その上、パンやら紅茶やらビスケットやら、

色々いただいたため、夕飯不要☆


最終日ではないにしろ、めっちゃ楽しかったです♪



ペラヘラルートを洗浄する車が現れると、

間もなく出発の合図です。

無料でミネラルウォーターも配布されるけど、

この人の多さ。

当然ながら全員には行き届きません。

(最前列だと貰える率高し♪)


日が落ちて、木々がライトアップされ、

パーーンと一発、出発の合図が鳴り響くと、

今か今かと待ちわびた観客も、身を乗り出します。


いよいよペラヘラの始まりです。

国旗と仏教の旗に続いて、

P8232119.jpg


地面に打ち付けパンパン鳴らす、

でっかいひもを持った人たちが現れると、

ピーピーとブラボーの口笛を吹きならしつつ、

観客は一斉にチャリーンチャリーンとコインを投げ始めます。

とっくも一緒になって、投げてみる。



火を回し、皿を回し、でっかい竹馬が登場。

P8232164.jpg

様々なパフォーマンスに目を奪われ、

瞬きする間もありません。



太鼓や笛の音に合わせたリズミカルなダンス、

P8232180.jpg

P8232224.jpg


P8232161.jpg


しなやかな動きが、観客を釘づけにします。


P8232200.jpg



とっくが一番楽しみにしていたゾウさん。

P8232217.jpg

P8232213.jpg


いっぱい行列でやってくるのかと思ったら、

時々やってくる程度で若干がっかり☆

それでも、総勢50頭ほどっていうからびっくり。

子ぞうもいたよ。


最終日は、ゾウの数、踊り子の数やらが増え、

もちろん観客もさらに増え、いっそう賑やか&華やかです。


観客も気合が入るため、

お昼にはすでに歩道にスペースはありません。


ちなみに最終日、

とっくも張り切って15:0 0には現地にむかったものの、

人垣を抜けるのが、めちゃめちゃ大変でした…。


ペラヘラ祭りって、キャンディーだけだと思ってたら、

違うのね。

日本でも、あらゆるとこで神輿担いで

大なり小なりのお祭りがあるみたいに、

いろんな土地でやってるみたい。



中でも、キャンディーは仏陀の歯が納められている、

Temple of the tooth があり、仏教徒の重要な聖地、

巡礼地であるため、各地から観光客が押し寄せるほど

盛大に行われているようです。


日本はお神輿でご神体を運びますが、

ここではゾウさんで仏陀の歯を運んでいます。


歯が近づくと、観客はみんな立ちあがり、

合掌して見送ります。



これが、約2時間続きます。


見ごたえあるけど、お尻も足もかなりキツイ。

無料席を目指すなら、座布団持参を強くお勧めします。



ライト代わりに使わていた炎の

火の粉をまともに浴びてしまったとっく。


カンボジアで買ったクロマー(スカーフ)、

所どころこげて穴があいちゃった。



 

 

ブログランキングに参加しています☆


とっくの世界一周ぶろぐ☆興味のある方は

↓↓クリック!!!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
もひとつおまけに↓↓クリック


.01 2010 スリランカ comment0 trackback0

階段だらけの一日☆

バックパックを背負ったまま座席に座り、

バスで移動すること約3時間。


尻ポジが、どうも定まらないまま目的地に到着。



やってきたのはダンブッラ。


バススタンドの近くには安宿があるはず!!の法則を

見事に裏切ってくれました。



ピカピカと光り輝くでっかい仏像がある場所が、

ここの見どころ。



安宿はこの近くに集中しているようです☆



さて、途中で声を掛けてきたリキシャに乗って、

若干離れ気味の宿にやってきたのはいいけれど、

今日はここから約1時間ほど離れた、

シギリヤというトコも、日帰りで観光する予定☆


チンタラしてる時間は無いぞ

荷物を置き、息つく間もなくそのまま出発です。



ゴールデンブッダは、エントランスのようなもの。

P8201918.jpg


ここの最大の見どころは、ながーーい坂道&階段を登ったとこ、

ケーブテンプルなのです。


てかここ、例のチケットがつかえねぇとこの一つです。

しかも、入場料1200ルピー(約960円)。

パン1個が30円前後のスリランカですよ?


耳を疑い、3回聞き返しました。



絶対騙されてると思ったけど、

後ろに並んでいた白人美女も同じ値段。


ほんま、スリランカさん、

ええ商売してはりますなぁ(´=Д=)



延々と続く階段を、

鼻息荒く登りついた先には、

来てよかったーーヽ(´∀`)ノ

と思える風景が広がっていたことに、

なんだかホッとしました。


サルとおバカは高いとこが好きとは良く言いますが、

例にもれず、とっくも高いとこ好きです。

むしろ、大好きです。


その昔、崖から落っこちた経験を持つとっくですが、

高所恐怖症のコの字も見られません。



この、一見シンプルな建物の中に、

P8201926.jpg


洞窟があり、壁画付きで仏像が並んでます。

P8201938.jpg


しかも、洞窟は一つじゃありません。

これを保つためには、高~い費用がかかるのでしょう☆




サクサクと見学を終え、ローカルバスに飛び乗って、

次はシギリヤへと向かいます。


良く分からないけど、

素晴らしい何か
あるに違いないと、

かなり期待していきました。


ネットで検索したところ、

スリランカで行って良かった観光場所の

上位にランクインしてたトコなのです。




目の前にして、


うん。納得



バス停からチケット売り場までの道のりが、

やたら長いのが気に食わないけど、


とっくのベストスポット オブ スリランカ堂々1位です。


そして、例の50$バカ高いチケット

やっと活躍した場所です。

シギリヤだけのチケットでも25$


なーんだーー!!

あたし、騙されたわけじゃなかったんだぁ



なんと、このでっかい謎の岩の上には、

P8201973.jpg


古代都市の跡があるのです!!!!

ただ、のぼるのめっちゃ疲れます。

P8201977.jpg
↑とっく、ひと休みの図。



さっき、ダンブッラでなっがい階段昇降したばっかなのに、

ここは更に長い。



確か1200段って言ってた気がする。

うろおぼえなので、違ったらごめんなさい。


シギリヤは観光都市として発展させるため、

知識の豊富なフリーガイドがいるようです。

かく言うあたしも、フリーガイドにお世話になったうちのひとり。

が、どうやら当たりハズレがある様子…。

白人カップルが、ぼやいてました。


岩を登る途中には、フラスコ画が描かれてます。

P8201980.jpg


ライオンロックと呼ばれるこの岩は、

かつてライオンの形をしていたそうな。

が、今はよく分かりません。

ライオンの足だけがかろうじて残ってます。

ここをくぐれば、ゴールは間近!!



そして、頂上に残る、最後の一段を踏みしめ


ばんざーーい!!
P8201992.jpg

若干写りが出っ歯なのが気になりますが、

これ、かなりの達成感です。



スリランカ行くなら、シギリヤいくべし!!!!




夜は久々にビールを飲んで

疲れ果てた身体と足を休めました。


ダンブッラに戻る途中で降り出した雨。

明日の朝は、晴れるといいなぁ・・。


 

 

ブログランキングに参加しています☆


とっくの世界一周ぶろぐ☆興味のある方は

↓↓クリック!!!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
もひとつおまけに↓↓クリック




.31 2010 スリランカ comment0 trackback0

ストゥーパだらけの土地☆★

コロンボ国際空港のインフォメーションでもらった、

超大雑把なスリランカ地図を頼りに、

まずは、アヌラーダブラにやってきた。



周辺マップは、宿に置いてあったでっかい地図を

写真におさめハンドマップにして、

P8191852.jpg


レンタサイクル観光に出発です☆



宿で教えてもらった道を進むと、

早速でっかい仏像発見!!
P8191858.jpg


とりあえず、入ってみる。

人がたまっているところに

おそるおそる近づくと、建物の中から手招きされ、

ビクビクしつつもついていく。



おお!!

P8191859.jpg

コインを入れるとサイレンとともに光る
ヘヴンという名のスペース。


他にも仏陀の一生を描いた絵が飾られていたり、

更に細かいシーンを壁画と等身大人形(?)

で再現して作られたスペースもありました。



最後にありがちなガイド料を請求されるんじゃないかと思っていたけど、

お金を要求されなかったことに感動!!



そっかーー。

ここがスリランカかぁーー(´∀`)



人の姿や格好、気候は似ていても、

もうインドではないんだなぁ

ってことを改めて実感。



次なる道を、走っていると、ミュージアム的なとこに

たどりつきました。


そこにはチケットオフィスがあり、

アヌラーダプラの観光券か、

スリランカ観光ラウンド券(3週間有効)を

購入するように勧められました。



「2種類あるけど、ラウンドチケットの方が安いよ――。」

「ふーーん?いくら?」

「アヌラーダプラだけは25$ね。

ラウンド券だとたったの50$。安いね!」



「は?!50$?!(°Д°|||;)」



目ん玉飛び出そうになりました。

いやいや…、どっちにしろ高すぎでしょ…。



物価の割にチケット代があまりにも高すぎる!!!
(*ちなみに今日の宿は、約7$)


怪しげな会社が発行してるんじゃないかとか、

かなり疑いつつ、ジロジロ券を眺めて見る。

うむ…。



どうやら、ちゃんとしたユネスコがらみの券っぽい。

やたら、ミュージアムの券ばっかなのが気になりつつも、

今後行く予定の地域でも使えるという。


その都度購入するより、安いという。


どこで買っても料金は一緒と言うので、

半信半疑でスリランカ観光ラウンド券を購入してみました。

なんせ、チケット売り場に他の観光客がいないから、

不安は募ります…。



購入したあと、これで観光料金は一切不要だろうと思い、

Sacred bo tree Templeに行ってみると、

P8191895.jpg

P8191890.jpg


「これは、ミュージアムの券だから、ここでは使えないよ」

と言われ、頭真っ白。

やべぇ やっぱ大損こいた!!


よくよくみると、裏面の注意書きに

観光名所のいくつかはこの券が使えません


と書かれてるじゃないかっっ!!


それも、例の大雑把な地図にも載ってるとこ

…ってことは、

かなりの有名どころに違いない。


でかいダメ――ジを受けました

他にも何か書かれてるけど、よく分からない。

重要なことかもしれないと、電子辞書で調べてみると、

どうやら「寛大な寄付に感謝します」
的な意味っぽい。

こ…これ、寄付金になっちゃったわけ(;ω;`)?!


ストゥーパだらけのアヌラーダプラ。

P8191887.jpg

P8191863.jpg


広範囲に渡り、遺跡もあるけど、

P8191869.jpg


内戦時代の影響あってか、

かろうじて低い囲いが遺っている程度。


インドでデカイ城やら

綺麗なままに現存している遺跡やらを見た後では、

この地はちょっぴり物足りないなぁ…。


日中の日差しで、焼けるように熱くなった石の上を

まるで修行のように歩きまわり、

足の裏が、随分丈夫になった気がします。
(※ストゥーパや寺院などの神聖な場所は基本、裸足です。)


ああーーなんだか

観光も、チケット代もすっきりしない。



もやもやした気持ちを抱えつつ、宿に戻り、

スリランカカレーでお腹を満たし、

P8191851.jpg


明日の移動に備えるのでした☆☆


 

 

ブログランキングに参加しています☆


とっくの世界一周ぶろぐ☆興味のある方は

↓↓クリック!!!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
もひとつおまけに↓↓クリック




.30 2010 スリランカ comment2 trackback0
 HOME 

プロフィール

とっく

Author:とっく
28歳の誕生日は、シリアとトルコの国境越え真っ最中。
31時間かけて、黙々と移動してました。

出発から早9カ月。
日本に帰る日がくるのが怖いくらい、
すっかり旅の日常に慣れてきた。
帰国の時が、
確実に、刻一刻と近づいています。

だけどまだ、全然足りない。

ほんの何週しか経ってない気分。
時が経つのはあまりに早すぎます。

振り返れば色々なことがありました。
そして初めて、時の長さを実感します。

思った以上に世界は広すぎます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

お役立ち海外情報サイト

海外旅行取扱いサイト

海外オプショナルツアー満載

大手旅行会社サイト

旅行業界トップクラスを誇るJTB

海外ホテル取扱いサイト

海外でお得にホテルを探すなら