FC2ブログ
2019 07 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2019 09

インドのオススメ宿の話。

は?!何故に今更インド?!

とかなるよね。やっぱ。



マダガスカルやなかったんかい?!!

という突っ込みが聞こえてきます。



でも、もう残りの日数も少ないので、

旅で出会って、特別お世話になった方々の

写真やら、名刺やらを整理してたのです。(←え?今頃?)




でさ、世間は夏休みでしょ。

インドに行く学生さんも多いんじゃないのかな、なんて思って。

「今のトレンドは南インドだぜ!!」ってかたが、


インドの宿を検索してしまったりして、

まかり間違ってここに飛ばされることを願って。




とっくはムンバイに来る直前、

空港にパソコンを忘れて、泣きそうになって、

実は実際泣いていて

空まで毎日泣いていて、引きこもりになって、

挙句の果てに熱までだして

大都会のムンバイで、無駄に1週間の滞在をしたというのは

いまや有名な話です。(←?)




そのとき、お世話になったホテル。




「ちょっと、ここまで親切にしてやったんだから、

 日本人にうちのホテルの宣伝頼むよ!!」


と言いつつ、「気をつけなよー」と

気持ち良く送り出してくだすったオーナーのホテル。




まじで、お世話になりました。


例にもれず、ムスリムです。
(物乞いもムスリム多いですが、親切な人もまた然り)


でも、この宿、女性にはオススメしません。



うん子はたまってるし、

シャワーとか、たしかガスあったけど、

使い方(そもそも使えるのか)分かんないし、

あんま(てか、ぜんぜん)値引きもしてくれなかったけどね。ぷん。

あと、ずっと部屋にこもってると、従業員が覗く。


入るまえに(覗き以外は)当然確認しましたとも。

で、決断に至る。


でも、パソコンで頭いっぱいで、

他の思考能力切れてたんだもん。




ウユニでさ、しばしば他の人のうん子残留事件とかあったけど、


そんなん、かわいいから。



ここのはさ、もう、洗いざらい見えちゃってるから。

ボッとん便所の、底が極限に浅いバージョン。


食事中の方がいるかも、なんて、

もうね、気にしません。

むしろ、トイレか会社で読んでる人が多そうなイメージなんで。爆


そんな気のきいたブログではありませんぽ。





でも、そんな宿でしたが、

15万円強のパソコン返ってきました。


まさかのインドで。

それもこれも、

エアインディゴ!!!

と、パトナーの空港警備員と、

ホテルサビーナのオーナーのおかげです。


多少の不便なんか、文句いえねーです。




ちなみにここ、

初の日本人だと、非常に喜ばれました。


ファン、テレビ付き。


値段は・・・、交渉してみてちょ!!

「パソコン無くした日本人から聞いたんだぜ!!

 べた褒めしてたぜ!!

 俺も(私も)口コミで広げるからさ、そこを、ちょっと、お願い

みたいなね。

貴方の腕で、うまく丸めこんでやってください。



ちょっと入り込んだとこなので、道路も汚いです。

でも、汚いインドに魅力を感じちゃう人、ぜひ。


インド門までも、歩いて行きました。

でも、その後熱がでました。



でも!!

熱出した時も、心配してサトウキビジュースくれたりして、

マジ親切だったから!!


行くなら、まだ人間がスレてない、今のうちだから!!



ホテルの前のレストランのご飯、

安おいしいです。


いごこちよござんす

むしろ、こっちをお勧めしたいです。





ホテル サビーナ。

Hotel Sabeena です。

歩き方に載ってる某ホテルの近くです。


住所

177,shaida marg,near chinch bunder post office
charnull,dongri,munbai-400 009

tel 23724019




この記事により、

泊まってくれた方、(もしくは泊まりたい方)

の感想もお待ちしております

お礼にくだらん情報差し上げますし、

何か疑問があれば、適当に覚えてる範囲で答えて差し上げます

お気軽にどうぞ。


※ただし、最後の決断は自分でできる人に限る。





さて、


いまから、約9年間お世話になったジーノちゃんとお別れです。

だから、ちょっとテンションおかしいんです。

許してちょんまげ。


お風呂にも入れたし、

流石に買った時より美しく、は無理だけど、

なんか、禿げてるし。

でも、ぼちぼち綺麗になりました。


悲しいよう。

淋しいよう。

足がないよう。





嗚呼

良い人に、巡り合いますように・・・。なむなむ。



優しい貴方のワンクリックで、とっくのブログランキングが上がります(´∀`)
『この宿、ちょっと気になるわ(色んな意味で)』という方はクリック↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
もひとつおまけに↓↓クリック






スポンサーサイト
.29 2011 インド comment4 trackback0

★☆ I  LOVE INDIA ☆★

ナマステーー(´人`)


約1カ月半滞在したインドも今日で最後。


最近、少なからずインドに慣れてしまって、

最初の頃、あんなにしていた挨拶することすら、

忘れちゃってた。



そろそろ飽きてきたかも―とか思いつつも、

いざ去るとなると、ものすごく淋しい

その淋しさは、

日本を旅立つ時と、比べものになりません


だって、日本はあたしの母国だから。

モノ好きにも待ってくれてる人がいるから(´ω`●)

絶対、また帰ってくる場所。


でも、インドは所詮旅先でしかないんだよなぁ…。






一杯のチャイで始まる一日。


毎日顔を合わせる牛やヤギ。

P7060585.jpg





乗物からは人がはみ出し、

P7060589.jpg





鳴りやまないクラクション。

P7040454.jpg



威勢のいい呼び込み。

P7070733.jpg





したたかなリキシャワーラー。

おびただしい人の数。

P7311260.jpg






色とりどりのマーケット

尽きることのない商売魂。

P8121563.jpg




スパイシーな料理。

ハエがまとわりつく食事タイム。

P7120909.jpg


大の大人が堂々と野ぐそ



色彩豊かなサリー。


絵心満載の看板。

P8131594.jpg

P8131573.jpg


陽気でフレンドリーな人々。

P7291243.jpg



避けられない物乞い...。





ビルが立ち並ぶ大都会かと思えば、

P8141642.jpg


電気も通ってない村がある。

P7140962.jpg






数々のすばらしい遺跡や建物が存在するかと思えば、

P8051389.jpg

P8081499.jpg



ゴミであふれる街がある。

P7040448.jpg


最新のガラス張りのビルそばには、

今にも崩れそうな家がある。

路上で暮らす人がいる。



身がはちきれんばかりの豊満なボディーを持つ女性の足元に、

骨と皮しかない老人が横たわる。



今日を生きる物乞いに、喜捨する人、

見向きもせずに通りすぎる人々。 



バクシーシーを当然のように受け取る人。

恵まれた施しに、全身で感謝の意を示す人。








いくつもの顔を持つインド。




そのすべてが混ざり合い、

成り立っているインド。




うんざりすることも考えさせられることも

悩むこともめちゃめちゃ多いインド。






でもきっと、

だからこそ旅人の心を掴んで離さない、

魅力溢れる国。



I INDIA!!!

ピル ミレンゲーー(´∀`)ノ″

P8171840.jpg



 

 

ブログランキングに参加しています☆


とっくの世界一周ぶろぐ☆興味のある方は

↓↓クリック!!!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
もひとつおまけに↓↓クリック




.22 2010 インド comment4 trackback0

白い砂浜、青い海☆☆

海に面した地域はあるものの、

国はデカいは、雨続きだわで、

海沿いの土地に縁薄かった、今回のインドの旅。



で☆す☆が☆



やっっっーーと、ビーチに行ってきましたよぅっっ!!

チェンナイから、バスに揺られること

2時間弱。

今日の旅先は

マハーバリープラムという街。

P8161727.jpg


でっかい岩に彫られた彫刻が有名なとこで、
P8161758.jpg

南インドの東側に位置します。


今にもころげおちそうな巨石もあります。

日替わりで必死に巨石を支えている人の姿が

後を絶ちませんww


これまた小さい街なので、

観光地は散歩がてら、歩いて回れる範囲。

P8161762.jpg

P8161731.jpg


ひととおり、観光を終えビーチに行ってみました。



わっほーーぃヽ(´∀`)ノ


白い砂浜、青い海!!





期待を胸に行きついた先は、





汚い砂浜、濁った海…。

P8161764.jpg


写真じゃ非常に分かりづらいですが、

ここの海、汚ねぇ・・・!!

しかも、なんか海風臭ぇ…(´=Д=)

まぁ、ビーチには違いないし、

気持ち良さ気に風を浴びるイギリス人や、

海でデカイ波と戯れる、ナイスバディーなスペイン人(18歳)を前にして、

文句は言えないので、『えへへ、気持ちーーネ』と言っておく。



海を眺め、くつろいでたら、

物売り登場・・・


おっと!一瞬ここがインドなのわすれてた。


海が大好きな西洋人(←とっくのヨーロピアンツーリストのイメージ)は、

張り切って泳いでたり、ビキニ姿で焼いてたりと、

かなり満喫してる様子でした☆


やっぱ、海行くならアラビア海側の方が断然よさげ。

ゴアのビーチが綺麗という噂は

インド人から何度も聞かされました。


雨季が去ったら、人々が口をそろえてお勧めするゴアに、

一度は行ってみたいもんです。


そうそう、ここにきて、初めて南インドの定番料理の一つ

「ミールス」という定食を口にしてみた。

ずっと気にはなってたものの、なかなかありつけなかったのです☆

バナナの葉っぱがお皿の、なかなかオシャレな食事です。
P8161766.jpg


もちろん、で食べますとも。


今回は、動物愛護の為ノンベジからベジタリアンに

転向したというイギリス人の手前、

ベジミールスを頼んだってのもあるけども、

ここ最近、何気にベジタリアンなとっくです。


インドではたいていのレストランは、

ベジタリアンと、ノンベジタリアンの食堂で分かれてるけど、

ベジタリアン食堂の方が多い気がする。

ちなみに、一緒になってるとこも少なからずあります。


ただ、インドで食べた肉料理、あんまおいしい思い出がない。

タンドリーチキンはおいしかったけど、

お高いのでそうそう食べれないし(;;)

カレーにしてもやたら骨が多かったり、酸味効きすぎてたり。

野菜料理の方が、おいしい率も高い気がします。
(↑基本が安食堂のせいかも☆お金出せば、おいしい肉料理も食べれると思う)



さてさて、インドでご飯を食べるのもあと少し。

明日の夜、ついにインドを旅立ちます

 



 

ブログランキングに参加しています☆


とっくの世界一周ぶろぐ☆興味のある方は

↓↓クリック!!!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
もひとつおまけに↓↓クリック





.21 2010 インド comment0 trackback0

インドの旅の最終地☆

インド最後の土地

チェンナイへとやってきました!!
P8141642.jpg


色々あったインドだけど、ほんとこの国大好き♪


ただ、チェンナイとかムンバイとかのでっかい街は、

大きすぎて街歩きするのも一苦労…。

ヘタレなとっくは、さすがに歩いて回ることはできず、

バスやメトロやオートリキシャが必要になるのです。


個人的には、郊外のほうが好きなので、

ほとんど市内はまわらずじまい☆



今日は郊外列車にのり、
P8151656.jpg

カーンチープラムへお出かけです。


寺院とシルクの集落で有名な土地ですが、

予想以上に時間がかかってしまった!!


というのが、ダイレクトに行けると思って、

7:30頃チェンナイを出発したのに、

途中、乗換え発生。


しかも、待ち時間が2時間半

えっと、某ガイドブックの情報によれば、

所要時間が2時間半じゃなかったですかね(´=ω=)


最悪なことに、カーンチープラムの寺院は12:30頃まで。

そのあといったん休憩タイムに入ってしまい、

夕方まで開かないのです☆


結果、着いたのは閉まる直前。

1日がかりで行ったにもかかわらず、

一か所しか寺院まわらなかったという
P8151677.jpg


非常に悲しい結末になりました。


実は夕方ちょこっとまわって帰ることも可能だったんだけど、

相変わらず強引なオートのドライバーにムカついて、

これ以上関わりたくなかったって理由が、

実は大きかったりする☆


代わりに、そこらへんで遊んでいた子どもたちと交流しつつ、
P8151678.jpg

写真を撮って過ごしました。
P8151712.jpg

幸い、帰りは乗り換えなしの直行便。



インドもこれで最後だと思うと、

しんみりしてきます



最後の3日間は、

チャイ屋さんに足を運ぶ回数も増えました。


あまーいチャイで一息つくと

一日の疲れが吹き飛びます。



今夜もぐっすり眠れそう☆



インド滞在、残すところあと2日です。

 

 

ブログランキングに参加しています☆


とっくの世界一周ぶろぐ☆興味のある方は

↓↓クリック!!!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
もひとつおまけに↓↓クリック




.20 2010 インド comment0 trackback0

ちょっとセレブに乗り物三昧☆

体調の回復を待って、インドの避暑地ウーティーに行ってきました。

P8121553.jpg


ここ、まじ涼しい。


どんくらい涼しいかというと、

インド人はサリーの上に、カーディガン。
セーター・マフラー・ニット帽。

マーケットで、耳あてまで売ってるし…。

あと、チョコレートが常温で全くべたつかない。


っていっても、カーディガンはともかく、

上記のインド人の格好は大げさだと思います


感覚的には、日本の春☆

確かに涼しくてすごしやすいけど、

・・・やることない。



人工的に作られた湖でのボート遊びが、
ここ、ウーティーのオーソドックスコース。


でも、なんか、ボートな気分じゃないのよねぇ~。


とりあえず、散策がてらそこら辺を散歩してみることにしました。


さて、暫くあるくと小さな遊園地発見。


めちゃめちゃ人少ないです。



不要なものを全て省いたゴーカート。
P8131582.jpg


日本で取り入れれば、相当なコスト削減につながりそうです。


おっ?!馬発見。
P8131587.jpg

普段のとっく(旅version)なら見向きもしないのですが、
ここ、これといって見るものないし、
(マーケット一通りまわりきったら、マジ暇)

めずらしくめっちゃ綺麗にお手入れされてて、

馬の毛並みツヤツヤ


・・・・・(´°ω°`)


やっちゃうかーーー。

せっかくだから、いっちょ乗っとくかーー!!


あまりの暇さに、とっくは避暑地で乗馬という、

P8131584.jpg

つかの間のセレブ気分を満喫することにしました。


1時間250⇒200ルピー。(約400円)

マイソールでの1日分の宿代に相当するお金がぶっ飛びました。

ちなみに、優雅に乗馬を楽しんでいる間、、
おじさんは1時間、ひたすら歩いて付いてきます

もちろん、写真も撮ってくれます。

200ルピー以上は値切れなかった理由が
少し分かりました…。
(「私は仕事でやってるから、これ以上安くしたら仕事にならない」と言われた。)

ちょっと奮発したけれど、乗ってよかった~☆



ところで、この何もないところに

なぜ、とっくはわざわざやって来たのか??


ウーティーは標高2200mに位置する町。


な・ん・と

ここには、世界遺産に登録された、

インドの山岳鉄道の一つ、

ニルギリ登山鉄道が走ってるのです♪♪

P8131597.jpg


なんだかんだで電車大好き(笑)


ダージリン地方はヒドイ雨で
楽しみにしてたダージリンヒマラヤ鉄道は断念したため、
こっちにやってきたというわけなのです。

ほんとは上りで乗りたかったけど、
道筋的に、ものすごい遠回り☆

なので、下りで乗ってみることにしました。


そしたらね…、

まさかの満席

あいかわらず、つめが甘い


結局、半分鉄道・半分バスという、

非常に中途半端な体験になってしまいました…。

閑散期だから当日、朝一で予約すれば
きっと楽勝だわーと思ってたんだけど、

油断禁物です。


さすが、列車からの景色は最高です♪
P8131608.jpg


バスも当然絶景なんだけど、ヘアピンカーブがすさまじい。
P8121548.jpg


噂には聞いていたので、行きは酔い止め飲んで行きました。


電車では陽気な家族と一緒になり、
P8131598.jpg


楽しい時を過ごせたので、今回はよしとしよう。


でもいつか、ダージリンヒマラヤ鉄道でリベンジしてみせます



※写真、後日アップするのでちょいとおまちをm(ーー)m


 

 

ブログランキングに参加しています☆


とっくの世界一周ぶろぐ☆興味のある方は

↓↓クリック!!!


もひとつおまけに↓↓クリック

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



.17 2010 インド comment6 trackback0
 HOME 

プロフィール

とっく

Author:とっく
28歳の誕生日は、シリアとトルコの国境越え真っ最中。
31時間かけて、黙々と移動してました。

出発から早9カ月。
日本に帰る日がくるのが怖いくらい、
すっかり旅の日常に慣れてきた。
帰国の時が、
確実に、刻一刻と近づいています。

だけどまだ、全然足りない。

ほんの何週しか経ってない気分。
時が経つのはあまりに早すぎます。

振り返れば色々なことがありました。
そして初めて、時の長さを実感します。

思った以上に世界は広すぎます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

お役立ち海外情報サイト

海外旅行取扱いサイト

海外オプショナルツアー満載

大手旅行会社サイト

旅行業界トップクラスを誇るJTB

海外ホテル取扱いサイト

海外でお得にホテルを探すなら