2017 10 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

セゴビアの街


ドイツでシンデレラ城見れなかったもんで、

白雪姫で我慢です。



マドリッドから約2時間。

セゴビアはかなり自然が多い田舎町。

車窓の奥に広がる大自然風景が美しいので、

ショートトリップにお勧めです。


町も、想像してたよりずっといい!!

可愛い。

駅から北に向かって歩くと、

まずはみごとな水道橋が飛び込んできます。

天気が良かったから、写真が映える!!



そして、城塞と見事なカテドラルがあります。

外観だけだと白雪姫城よりもよっぽど凝った造りです。

中は残念ながら撮影禁止。




スペインも今日で最後・・ってなわけで、

今更ながら、バルに挑戦しました。

バル(bar)とは、バーというよりも、

どちらかと言えば、屋台的な感覚で地元の人達が利用する飲み屋・・

と言えば分りやすいかしら。


ただ、セゴビアのバルは、たいてい中が見えなくて、

しかもメニューも掲げてなかったりして、

もろ、地元テイスト。

さて、入ったとこは、

ちょうどツーリストと地元民の間に位置するようなとこ。


真昼間っからソーセージつまんで白ワイン飲んでました。

この”タパス”と呼ばれるおつまみが、めちゃうまかった。

スペイン語でタパとはフタの意味なんだけども、

昔、ワインにつまみでふたをして、出されていたことから、

タパスと呼ばれるようになったらしい。

タパスは種類も豊富で、簡単に作れて美味しいおつまみばかり☆

ってことで、

よっぽど料理本買おうか悩んだけど、

どうせ日本にも売ってるっしょ?

と思い、買いませんでしたw


なんせ、格安航空会社の荷物重量はかなり厳しくて、

オーバーしたら容赦なく追加料金取られるのです。

てか、そもそも、荷物代は航空券と別だったりするし、

ちょっぴりややこしい。


セゴビアへは例によってローカルトレインで行きました。

だって、30分か2時間かの選択肢です。

電車の30分なんて、あっという間すぎて物足りない。

鈍行でのんびり行った方が、情緒があるってものでしょう。

ちなみに往復12.2€。


さて、日曜だったにもかかわらず、

ネットが置いてある営業中の店発見!!

前日にして、ようやく航空券のプリントアウトが出来ました。



夜は、最終日ということもあり、

ホテルで知り合った人達と皆でパエリヤ食べに行きました。

安いのに、美味しかった☆

満足なり。

スペインの締めはやっぱセルベッサ。

なんだかんだで日付けがかわり、

今更ながら、海外カラオケ初体験しました。


でも、びみょーーん。

日本のカラオケシステムはやっぱ素晴らしいね☆

ビールを体内に残したまま、今日はベルギーへのフライトです。



・・・。

この日記、妙にテンション低いなww

ストック文なので、大目にみてくだされ。
スポンサーサイト
.17 2011 スペイン comment5 trackback0

カサ☆バトリョ

初めて見たのは、たしか美術の教科書だったっけ。

DSC00091.jpg


この写真、どこかで見たことありません?



ガウディーの建築物の一つ、

カサ・バトリョです。

DSC00052.jpg





海をイメージして造られているそうで、

特に気に入ったのはこのガラスのついたて。

DSC00074.jpg




このついたてを通して覗くと、



まるで、水中の景色に早変わり。

DSC00072.jpg







そして、何気なく見ているこの吹き抜けも、

DSC00071.jpg

光をふんだんに取り込むために、

下の階ほど窓の大きさが大きくなってたりする。







ひねりを効かせた発想にただただ感嘆します。





DSC00081.jpg
ひねりの効いた手すりw




カクカクしたラインより、

うねっとしたラインが好きなとっくとしては、

大満足。






暖炉。

DSC00057.jpg


かわいいっしょ??






一見なんの変哲もなく感じる壁は

DSC00100.jpg


光の具合で、まるで魚のうろこのように、

キラキラと変色するのです。

DSC00104.jpg








すごくね???





とまぁ、

こんなぐあいに、

バルセロナは、実際に足を運んで、

見て、触れて、食べて、飲んで、楽しんでほしい街です。



今回、"食べて&飲んで"の部分が十分でなかったあたしは、

いつかまたリベンジします。


そんときは、イタリアまで足を延ばしたいなぁ。




嗚呼・・・いつになることやら・・(=ω=)


*********************************

ちょこっと現況報告 en チリ



最近、一人でコンロに火をつけれるようになりました。

「そんなん、しょーがくせーでもできるっしょ。」

というそこの貴方。


甘いぜ。


薪で火をおこす式コンロ(煙突付き)なんだからね!

とはいえ、未だ火力の調節はできないし、

米炊くときは、ガスコンロ(登場回数少ないが、一応ある)

使ってしまうダメダメっぷりですけどね。


相変わらずへっぴり腰ではありますが、

薪割りも、随分上手になりました。えっへん。

どれもこれも、

日本じゃ使えねーけどな!!


いつか、日本に帰って履歴書書く時には、

特技の欄に「薪割り」ってかけるくらいに上達すると思うんだけど。




あと、先日、親友からサプライズプレゼントが届き、超びびった!!

年中受付中。


コーヒー入れたらサクラの形が浮かびあがる、

コーヒーカップセット。

まさかの名前(金色)入り。

オシャレすぎる。


スッピン&サンダルで歩き回り

薪でお湯沸かしてる場合じゃねーなw


近況としては、そんな感じですかねぇ。


あ!!

携帯買ってもらったよ!うほーーい!

1カ月2000ペソ(約300円)で、カップル話し放題プラン。



こんな調子で、

ブログの更新は少ないけども、

今日も私は元気に生活しております。


強いて言えば便秘気味。



では、またね



貴方のワンクリックで、とっくのブログランキングが上がります(´∀`)
↓↓『このブログ、暇つぶしになったよ(・∀・)v』という方はクリックお願いしまぷ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

br_decobanner_20110802101419.gif
もひとつおまけに↓↓クリック



クリックありがと





.12 2011 スペイン comment4 trackback0

鬼才の建築家が半生を捧げたその建物は☆

40分待ち。


ところ、スペインバルセロナ。


団体さんは、別の入口があるのだけれど、

一般入場はぐるりと半周・・


誰もが一度は耳にしたことがあるであろう、

あまりにも有名な、

DSC00303.jpg

サグラダファミリア。


その、入場待ちの列が出来ていました。



サグラダファミリアは写真で良く目にしていたし、

当然まだ建設中だし、

以前は登れたという螺旋階段も使えないというし、


泊まってはいないものの、

そのすぐ近くにある日本人宿を毎日行き来していたから

写真通りの茶色い外観と吊られたクレーンに

見あきちゃった感もあったし、



ぶっちゃけ、

期待してませんでした。




なので、若干ケチってオーディオガイドも

端から借りる気はありませんでした。




でも、ここまで来たんだから見とくかー。


と、

一応いっとくかー、

程度で、列に並んだんです。




が。





すみません。

私、間違ってました。



甘く見てました、サグラダファミリア。


建築作業がゆっくりと進められる理由は、

ご主人様が急がないからとか。



でも、それ以前の問題。



時間かかって当たり前。

それはもう、想像を絶する建物でした。




見慣れたと思っていたはずの外観も、

フェンスをくぐればまるで別世界。



近づかなければ目にできない細部まで行き届いた彫刻に、

足を止めざるを得ない。



そして、内部。



実は、とっく。

そういえば、内部の写真を、

一度も見たことがありませんでした。

きっと、それが良かったんだと思う。


この美しさを先に写真で見ちゃうのは

あまりにももったいないと思いつつ、

せっかくカメラ買ったんで、

いや、ほら、なかなかね、

スペインまで行くのもアレだと思うので。

文章だけじゃイメージもね、わきにくいと思うので、

写真もちょっとだけ公開




私にも描けそうな入口。

DSC00357.jpg



いざ門をくぐると、

まるで腐海の底の様ww

DSC00311.jpg


息を飲む美しさを通り越し、

息が止まりましたそうな美しさでした。

DSC00325-1.jpg



外観の、野暮ったい落ち着いた色合いとは完全に真逆な、

まるで天国に迷い込んだかのような

いかにもガウディーらしい、

明るく、輝くような内装。


太陽の光をふんだんに取り込み、

色とりどりのステンドグラスは、一層美しさを放つ。


他には見られないこの異色の大聖堂は、


未来的で、

斬新で、

ナウシカ的で

それでいて美しく洗練されていて、


まさに鬼才のガウディーと呼ばれるにふさわしい、

人々を魅了せずにはいられないものでした。




2010年、内部の完成を期に、

ローマ法王による聖別ミサが執り行われ

サグラダファミリアは正式に教会と認められました。



地下にある礼拝堂も、

上の階から見下ろすことができるのですが、

これまた、ほぅ。


お美しい・・・。




あたしは、自分の宗派すらよくわからないけども、

「もしもここで神に祈りを捧げることができるのならば、

 カトリック教徒になっても構わないわ・・」

むしろ、そうなりたいと思うほどでした。




ガウディーは当然素晴らしいけど、

この建築を受け継いだチームの技術と腕もまた

素晴らしいものだと思う。


博物館で建設過程や方法を見ることができるのですが、

ちょーーーすげぇ・・・。



想像をはるかに越えた地道な作業。

DSC00331.jpg


携わってない、ただの観光客のあたしですら

この大聖堂の完成を見ることなく死ぬのは悔やまれます。


個人的にはタージマハルより断然こっちの方が好き。

フィールド間違ってるかもだけどww



とはいっても感じ方は人それぞれだとは思いますので、

興味のある方は、

ぜひ一度、足を運んでみてください。







※あくまで個人的意見なので、

「行ってみたけど大したことなかったから金返せ」

とかいう苦情は受け付けません



貴方のワンクリックで、とっくのブログランキングが上がります(´∀`)
↓↓『このブログ、暇つぶしになったよ(・∀・)v』という方はクリックお願いしまぷ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

br_decobanner_20110802101419.gif
もひとつおまけに↓↓クリック



クリックありがと

.28 2011 スペイン comment0 trackback0

アントワネットに想いを馳せて☆

マダガスカル日記も無事終了し、

今後はサクサク進みます(予定)。

ここまでが長かった・・・。



さて、再びエールフランスで、

パリに戻ってきた時のお話です。


*********************************


ベルサイユ宮殿、再び。


めっちゃ人多いわ―!!

こないだ休館日に行ってて良かった。


電車の中、華の都パリスだというのに

この車輛、なぜか日本人ばっか。




そして、チケット売り場のインフォメーション、

日本語でした。



日本人だと言ったのに、

オーディオガイドは何故か中国語でした。

違う係のとこにいって、

設定変えてもらいました。




まぁ、さすがに贅沢を施した宮殿。



色つきの大理石。



隅々に至るまで黄金の装飾。

数々の肖像画。

騙し絵のフレームを施された天井画。

贅沢な寝室。




雪のせいか、

アントワネットの離宮と言われた

トリアノン宮は閉鎖されていたけれど、


ベルサイユ条約が結ばれたことでも有名な

鏡の間は教科書でみた写真の通り、

多くのシャンデリアに

鏡の扉がずらりと並び、

ベルサイユ宮殿の代名詞とも言える

それはそれはきらびやかなものでした。



え?

写真?


マダガスカルの帰りなので、

ありません。


付いたのシャルルドゴールという若干ショボメの空港だったもんで、

欲しいカメラなかったの。


しかも、クリスマスに日曜日。

お店は見事にどこもシャッターしめちゃってるんだもの。


宿の近くで見かけたのは、ムスリムの家族1組だけ。

なんとマックまで閉まっちゃってたのには驚きです・・・。



さて、サンタさんがカメラくれなかったので、

スペインで自力で調達することにします。





******************************************

リアルタイムでは、最近、

とにかくチョコが食べたいです。


こっちに来る前から、徐々に食欲が落ち、

来てからもしばらく続いていたため、

ここんとこ、

ちょっぴり顔がシャープになりつつあったとっくですが、

ついに終止符が打たれたようです。




リバウンド現象か・・・


あ~恐ろしや――。


今日は誕生日に貰った自転車で、

ちょっぴりおでかけ

と思ったら。



ペダル外れた・・・


まじ、ありえん。



でもね、片足漕ぎをマスターしたよ。えっへん。

※片足漕ぎとは?

 片方のペダルのみを活用し、自転車を走らせる方法。
 強く踏み込み、その後素早く足の甲を使ってペダルを半回転戻し、
 再び踏み込む。・・・繰り返し
 もう一方の足は地面につかないよう、車体に載せておくとよい。



貴方のワンクリックで、とっくのブログランキングが上がります(´∀`)
↓↓『このブログ、暇つぶしになったよ(・∀・)v』という方はクリックお願いしまぷ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

br_decobanner_20110802101419.gif
もひとつおまけに↓↓クリック



クリックありがと




.22 2011 フランス comment2 trackback0

マダガスカル日記最終章☆

日本はもう、紅葉の季節なんですなぁ。


耶馬渓、九重、それから嵐山の舟下り、

この時期はもっぱら紅葉を見に出かけていたのを思い出します。

姉ちゃん家に行く途中の山々も、きっと綺麗に色づいてるんだろな。

昨日、こっちに来て初めて家族とビデオチャットをしました。


しかし残念ながらマイクが見つからず、こちらの声は日本へ届かずww

姪ッ子がすっかり女の子らしくなっていて、びっくり。
(ちょっと痩せた?)


ちょっと更新しない間に、色々な人生経験がありました。

猫のチビとabuela(祖母)がこの世を去りました。


そしてとっくは新たな人生の第一歩を踏み出しました。

あっという間に29歳。


人生なんてあっという間。

生まれた時に死ぬことは決まっているんですから、

あーだこーだ言わず、とりあえず何でもやってみるもんです。





**********************************
時は2010年12月、マダガスカルでのお話です。
**********************************

イファティーから、マダガスカルの南フォートドファンへ。

ベレンディー保護区へ向かいます。


良くあるよとは耳にしていたものの、

1週間足らずで、飛行機の時間が変更されてましたww


でも、昼食サービス(無料)があったんだ♪

らっきーー♪


ベレンティー保護区は私有地で、

もともと研究の為に使われていたとかなんとか。

なので、1泊でもべらぼうに高い。

あらかじめ予約しておかなきゃ無理だとか、

フォートドファンにある宿は、

ベレンディーの経営する宿を利用しなきゃとか、

噂は常々。

私、とっくは、タナにある日本人経営者がいるツアー会社ARICS、

で、あらかじめロッジを予約していましたので、

現地では安宿に入りました。

そして、翌朝、ついにベレンディー保護区へ足を踏み入れました。

ルールを守れば自由に散歩もできるこの保護区は、

まさに、間近でキツネザル観測が可能!!!


途中、スコールに降られたものの、

まーーいるわいるわ。


歩いているとあちこちで目にします。


ヤバイ!!これ、触れちゃうんじゃないの?!

的な距離で目にすることが出来ます。
(しかし、触れてはダメ。ルール違反です。)


横飛びシファカがロッジの前に現れます。

まじで横飛びします。

腹丸出し、おっぴろげーーです。

そんな、ほら、隠して隠して!!

って、タオル持って駆け付けたくなります。




見た目ふわふわっぽくて、

もう、ぎゅぎゅっと抱きしめたくなります。



目覚まし時計は、いりません。

だって、朝にはワオキツネザルの群れが、

屋根から屋根へと飛び周り、

まるで大雨に打ちつけられているような

賑やかな足音で目が覚めるんですもの。


素敵でしょ。


もう、まじ、なんでカメラねーーーーんだよ!!!!



脳内カメラにしっかり収めてあるので、

まぁ、見たい人は、

脳内の記憶を映像化できるような最新技術を持ってチリに来るか、

直接マダガスカルにいくか、

仕方なく、画像検索してください。


え?サイト貼り付けろって?

あたしゃ、んな親切じゃねーよww

ネット環境あるんだから自分で調べな。



昼、夜間、早朝の3回、ガイドさんが付いて周ってくれます。

手に納まるサイズのちっちゃいサルも棲息していました。


もうね、超かわいい。


絶対、行ってくれ。



でも、サルと聞くだけで拒絶反応が出る人と、

動物にキュンとする心を持ち合わせてない人にとっては、

単なる何もない退屈な場所(のわりにやたら高い)と思いますwww





うっほおおーーーーーい!!!!

これにて、マダガスカル日記終了!!!!!

最後、えらい手抜きだな




おつかれ-----っした!!!!!


でも、世界一周旅日記、マダアルカラ。


貴方のワンクリックで、とっくのブログランキングが上がります(´∀`)
↓↓『このブログ、暇つぶしになったよ(・∀・)v』という方はクリックお願いしまぷ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

br_decobanner_20110802101419.gif
もひとつおまけに↓↓クリック



クリックありがと




.20 2011 マダガスカル comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

とっく

Author:とっく
28歳の誕生日は、シリアとトルコの国境越え真っ最中。
31時間かけて、黙々と移動してました。

出発から早9カ月。
日本に帰る日がくるのが怖いくらい、
すっかり旅の日常に慣れてきた。
帰国の時が、
確実に、刻一刻と近づいています。

だけどまだ、全然足りない。

ほんの何週しか経ってない気分。
時が経つのはあまりに早すぎます。

振り返れば色々なことがありました。
そして初めて、時の長さを実感します。

思った以上に世界は広すぎます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

お役立ち海外情報サイト

海外旅行取扱いサイト

海外オプショナルツアー満載

大手旅行会社サイト

旅行業界トップクラスを誇るJTB

海外ホテル取扱いサイト

海外でお得にホテルを探すなら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。